ビスカリア Silene coeli-rosa

ビスカリアの花
写真 'ブルーエンジェル'
撮影時期 2015.5.19
栽培状況 秋播き後、庭植え(厳冬期は農ポリでトンネル)
科名・属名

ナデシコ科
シレネ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

コムギセンノウ

原産地

地中海沿岸地方

用途

庭植え

花期

4〜5月

【ビスカリアについて】

ビスカリアは、コムギセンノウとも呼ばれる秋まき一年草です。名前の由来は、以前、ビスカリア属とされていたことによります。

肥料を控えめにすると上品な花をたくさんつけるので、花壇に群植すると見栄えがします。

栽培したところでは、特に手を入れなくてもよく分枝して、とてもにぎやかに咲いてくれました。厳冬期は農ポリでトンネルをしましたが、花付きには影響はありませんでした。

【花の特徴と性質】

ビスカリアの花

草丈

30〜50p程度になります。

プランターなどには、草丈の低い‘ピンクエンジェル’や‘ブルーエンジェル’が適しています。

茎は細かく分枝して、その先端に花径2pほどの5弁の花を咲かせます。

花色は白、桃、赤桃、藤青、淡青などの色があります。

耐寒性・耐暑性

寒さにやや弱いので、暖地以外は霜除けをした方が無難です。

学名の説明

Silene・・・・・ギリシャ神話に登場するバッカスの養父 Silenos に因みます。

coeli-rosa・・・・・ coel(天国)+ rosa(バラ)で「天国のバラ」

【主な種類と品種】

チェリーブロッサム

花径4cmほどの明るいピンクの花です。草丈は、40〜60cmほどになります。(写真下)

ブルーエンジェル

草丈が低く、30cmほどですので、プランターで育てるのに適しています。花径は小さいですが、ブルーの美しい花が咲きます。

ピンクエンジェル

こちらも草丈が低く30cmほどで、ビンクの花がたくさん咲きます。(写真中)

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月中旬〜10月に播きます。ポットに直接播いてもかまいませんが、一般的には箱播きとし、覆土はタネが隠れる程度に薄くかけます。寒地は春に播きます。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えます。

植え付け

酸性土壌を嫌いますので、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

本葉が6〜7枚になり、ポットに根が回ったら花壇やプランターに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

ビスカリアの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

25〜30p程度とします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

定植が遅くなった場合は、冬の間、農ポリでトンネルをして生育を助けると、春までに株が充実してよく咲いてくれます。

終わった花をこまめに摘み取るようにすると長く楽しめます。

冬の管理

暖地では霜除けは必要ないかとも思いますが、厳冬期は不織布をべた掛けするなど軽く霜除けをした方が安心です。暖地以外は、霜除けをします。

肥料

花壇に植える場合は、元肥に有機質肥料を少量施します。多肥にすると徒長してしまいますので、特に窒素肥料は控えるようにします。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、成育期間中は、液肥を2週間に1回程度施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に液肥を与えます。

病気・害虫

それほど被害はでませんでしたが、アブラムシに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。