ビデンス Bidens spp.

ビデンスの花
写真 ‘イエローパレット’
撮影時期 2016.5.8
栽培状況 苗購入後、小型のプランターで栽培
科名・属名

キク科
ビデンス属
(センダングサ属)

園芸分類

秋(春)まき一年草
宿根草

別名

ビデンス

原産地

メキシコ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜7月

【ビデンスについて】

園芸店やホームセンターなどでビデンスという名前で売られているものは、いろいろな種類があり、ひとまとめにして説明することが難しいと言えますが、大別すると栄養系の品種とタネから育てるものがあります。

種類で区分するなら、大きくは、フェルリフォリア(B. ferulifolia)とオーレア(B. aurea)に分けられると思います。ただし、ウインターコスモスもビデンスと呼ばれる場合があり、紛らわしくなっています。ウインターコスモスは、本来、ラエビス(B. laevis)を指しますので、別にしてあります。

タネを播いて栽培したところでは、カタログでは、春号に載っていましたが、春播きではあまりよい結果が得られませんでした。半分残してあったタネを秋播きにしたら、まずまずの花を見ることができました。

【花の特徴と性質】

ビデンスの花

草丈

あまり上には伸びず、20〜40pほどになります。

花は鮮やかな黄色の花が咲きます。

花径は、3〜4pで6弁の花です。

耐寒性・耐暑性

比較的耐寒性・耐暑性がありますが、極端な暑さ、寒さを嫌います。

学名の説明

Bidens・・・・・bi(二つ)+ dens(歯)が語源です。
※ 果実に2本のトゲがあることに由来します。

ferulifolia・・・・・ギリシャ語の ferula(杖)+ folium(葉)が語源です。

aurea・・・・・「金色の」

laevis・・・・・「平滑な」

【主な種類と品種】

ビデンスの仲間を紹介します。

フェルリフォリア
Bidens ferulifolia

アメリカ南部原産で、草丈は50cm程度です。春から秋にかけて鮮やかな黄色の花を咲かせます。‘イエローパレット’、‘イエローサンシャイン'(写真:中)、‘カリフォルニアサン’などの品種があります。

オーレア
Bidens aurea

メキシコ原産で、草丈が40〜50cmほどです。秋播きすると黄色の一重の花が4〜6月に咲きます。‘ゴールデン・アイ’などの品種があります。

ウインターコスモス
Bidens laevis

こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合は、発芽適温が20度程度ですので、暖地では、9月中旬〜10月中旬が適期です。春播きの場合は、4月中旬〜5月に播きます。育苗箱かピートバンに播き、覆土は2mm程度にします。

発芽は良好で、1週間程度で発芽が始まりますので、本葉が3〜4枚のころにポリポットに植え替え、薄めの液肥を与えながら育苗します。

植え付け

植えつけ前に、苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

ポットの底に根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。植えつけの際、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

秋と春に、園芸店などで花の咲いた株が売られていますので、これを買って育てることもできます。ポット苗に植わっていることが多いので、このときは大きめの鉢やプランターに植え替えます。

ビデンスの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜25p程度にします。標準のプランターの場合は、3株が目安です。

植え場所・置き場所

花壇に定植するときは、日当たりと水はけのよいところに植えつけます。できれば、午後は日陰になるようなところが最適です。

鉢やプランターの場合も日当たりのよいところに置いて育てますが、耐暑性があまりないので、夏は半日陰の涼しいてころに移します。

日常の管理

定植をすれば、後は花ガラを取る程度であまり手間がかかりません。次々と花が咲いてきますので手間がかかりますが、花ガラを取ると見栄えが良くなります。

冬の管理

極端な寒さが苦手ですので、秋に定植した場合は、霜除けをした方が安心です。栄養系の‘イエローサンシャイン’は、耐寒性が強く、庭植えで冬を越しました。

肥料

花壇に植えるときは、化成肥料を1u当たり50gほど施します。鉢やプランターに植えた場合は、成育期間中液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

ヨトウムシの食害を受けることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。