ハマボウ Hibiscus hamabo

ハマボウの花
写真 ハマボウ
撮影時期 2006.7.11
撮影場所 高知市にて
科名・属名

アオイ科
フヨウ属

園芸分類

落葉低木

別名

キイロムクゲ

原産地

関東以西

用途

庭植え

花期

7〜8月

【ハマボウについて】

ハマボウは、西日本から韓国済州島、奄美大島に分布していて、夏の花のない時期に鮮やかな黄色の花が咲きます。塩分に強い塩生植物ですが、塩分のないところでもよく生育します。

写真の木は、高知市内で昼休みに見かけたもので、たくさん花を付けていました。ただし、自生のものは少なくなっていて、高知県でも絶滅危惧T類に指定されています。

ところで、ハマボウの語源は、「浜辺に生えるホウノキ」と言われていますが、「ホウ」をフヨウの転訛ではないかとする説もあります。

【花の特徴と性質】

樹高

2〜3mになります。葉には厚みがあり、裏側は灰白色の毛に覆われています。

花径5〜6pの黄色の花で、一日花です。

耐寒性・耐暑性

比較的耐寒性があり、関東以西の太平洋岸などでは庭植えが可能です。

学名の説明

Hibiscus・・・・・マロウ(アオイ)に似た植物のギリシャ語(ラテン語)の名前に因みます。

hamabo・・・・・和名のハマボウに由来します。

【主な種類と品種】

特にありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店などで見かけることはほとんどありませんので、通販などで購入して植え付けることになります。木が比較的大きくなりますので、通常は庭植えにします。ただし、盆栽で育てる場合は別です。

深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えつけ後は、十分に水やりをし、根付くまではあまり乾燥させないようにします。

ハマボウの花

植え場所

日当たりのよいところへ植え付けます。

日常の管理

もともと河口の湿地などに自生する木ですが、通常は水やりの必要はほとんどありません。ただし、夏場などに晴天が続いて、地面が乾燥したときは、たっぷりと水やりをします。

剪定

自然に樹形をつくるので剪定はあまり必要がありませんが、伸びすぎた枝などは、1〜2月ごろに切り詰めます。

肥料

2月ごろに、油カスと化成肥料を等量に混ぜたものを株元に50g(二握り)程度与えます。

病気・害虫

ハマキムシに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。