ハコネウツギ(箱根空木) Weigela coraeensis

ハコネウツギの花
写真 ハコネウツギ
撮影時期 2004.5.1
撮影場所 北川村モネの庭にて
科名・属名

スイカズラ科
タニウツギ属

園芸分類

落葉広葉低木

別名

(特にありません)

原産地

日本

用途

庭植え

花期

4〜5月

【ハコネウツギについて】

ハコネウツギの特徴は、花の始めは花弁が白く、だんだんと紅色に変化していくことにあります。一本の木に白から桃色そして紅色が咲いているように見えます。

「箱根」という名前がついていますが、箱根には自生がなく誤認によるものといわれています。また、ウツギという名前も付いていますが、タニウツギの仲間です。

栽培したところでは、ずいぶん前に植えていたことがありますが、枝がよく伸びて、あっという間に大きくなった記憶があります。

【花の特徴と性質】

樹高

樹高は2〜3mほどになります。

花の始めは花弁が白く、だんだんと紅色に変化していきます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く、育てやすい花木です。

学名の説明

Weigela・・・・・ドイツの Christian Ehrenfried von Weigel に因みます。

coraeensis・・・・・「朝鮮の」

【主な種類と品種】

タニウツギの仲間には、オオベニツウギ、ウコンウツギなどがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けは、落葉期の11月〜12月又は2〜3月頃が適期です。腐食質に富んだ肥沃な土壌を好みますので、植え穴に腐葉土か完熟堆肥を十分に入れて、庭土と十分に混ぜて植えつけます。

枝の伸びが旺盛なので、鉢植えには不向きです。

ハコネウツギの花

植え場所

日当たりのよい場所を選びます。ただし、午後、日陰になるような場所でも全く問題ありません。

剪定

とても丈夫で、枝がよく伸びますので剪定が欠かせません。強剪定は、花後すぐに行うようにし、強剪定をしないときは、12月に伸びすぎた枝や古い枝を切りつめ樹形を整えます。

肥料

丈夫でよく生育しますので、やせ地でない限り特に肥料は必要としません。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。