ハナシキブ(花式部) Caryopteris x clandonensis

ハナシキブの花
写真 ハナシキブ
撮影時期 2007.6.10
栽培状況 庭植え
科名・属名

クマツヅラ科
カリガネソウ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

(園芸種)

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜10月

【ハナシキブについて】

ハナシキブは、ダンギクとモンゴリカ種(C. mongholica)との種間交雑により育成された園芸種です。花はダンギクによく似ていますが、葉はより細長くなっています。涼しげな感じの花が印象的です。

栽培したところでは、ダンギク同様、丈夫で育てやすい宿根草です。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜40pほどです。

写真のようにダンギクに似た咲き方をします。

耐寒性・耐暑性

丈夫で耐寒性もあります。

学名の説明

Caryopteris・・・・・・ギリシャ語の karyon(クルミ)+ pteron(翼)が語源です。

clandonensis・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

一般には青色の花が出回っていますが、ピンクや白花もあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

草丈がそれほど高くなりませんので、庭植えはもちろん、鉢やプランターで育てるのにも向いています。園芸店などでは初夏に花の咲いた株が出回りますので、これを買って育てます。

ポットに植えられていることが多いですが、購入したら早めに花壇やプランターなどに植えつけます。

ハナシキブの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。半日陰でも育ちます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

株間

20pほどにします。

植え替え

花壇に植えた場合は、株が混みあってきたら、株分けを兼ねて植え替えます。鉢植えの場合は、鉢が小さいときは毎年、大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に植え替えをします。

時期は、春でも秋でもかまいませんが、寒さの厳しい地域は春に行います。

日常の管理

15〜20cmほど伸びたら摘芯をしてやると枝数が増えます。

冬の管理

冬になると地上部が枯れこむので、株元まで切り戻しておきます。耐寒性がありますので霜除け等は必要ありません。

ふやし方

株分けで増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、植え付け時に緩効性肥料を与えますが、多肥は避けます。

鉢やプランターに植えた場合も多肥にする必要はありません。植え付け時に緩効性肥料を与え、後は、月に1回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。