パイナップルセージ Salvia elegans

パイナップルセージの花
写真 パイナップルセージ
撮影時期 2009.10.31
栽培状況 庭植え
科名・属名

シソ科
サルビア属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

サルビア・エレガンス

原産地

メキシコ

用途

庭植え

花期

10〜11月

【パイナップルセージについて】

パイナップルセージは、宿根サルビアの仲間で、サルビア・エレガンスと呼ばれることもあります。花の少ない10月頃によく咲きます。

花もさることながら、名前のとおりパイナップルに似た甘い香りの葉が特徴で、ハーブティなどに利用できます。

栽培したところでは、栽培は容易ですが、株が相当に大きくなりますので、それなりのスペースが必要になりました。

【花の特徴と性質】

草丈

非常に丈夫で、草丈は、1.5mほどになります。

赤い花穂が細長く伸びます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強く、耐寒性も−7度が目安ですので、暖地では露地で越冬できます。

学名の説明

Salvia・・・・・salvare(治癒する)に由来するセージ(sage)のラテン古名 salvia から。
※ この属の一部が薬用になることに由来します。

elegans・・・・・「優美な」、「風雅な」

【主な種類と品種】

宿根サルビアの仲間は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性はありますがそれほど強くはないので、通常は、春が植えつけの適期です。秋に植えると、しっかり根を張っていない場合、冬の寒さで傷むことがあります。

枝がよく伸びて株が相当に大きくなりますので、鉢植えには向いていません。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥と化成肥料を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

パイナップルセージの花

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

日常の管理

草丈が高くなり倒伏しやすくなるので、一度剪摘芯をすると草丈を低く抑えることができます。

また、晩秋に花が終わった後は、思い切って切り戻しをしておきます。

冬の管理

冬が来たら、地際で枝を切り取っておきます。

暖地の場合は霜除けをしなくても、まず、大丈夫ですが、年によっては強い霜が降りることがありますのでマルチなど霜除けをした方が安心です。

肥料

花壇に植えた場合は、多肥にすると株に勢いがつき過ぎますので、やせ地でなければそれほど肥料は必要としません。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。