パープルスター Pseuderanthemum laxiflorum

パープルスターの花
写真 パープルスター
撮影時期 2007.10.27
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キツネノマゴ科
プセウドランセマム属

園芸分類

非耐寒性低木

別名

祇園

原産地

フィージー

用途

鉢植え

花期
8〜10月

【パープルスターについて】

パープルスターは、プセウデランセマム属の非耐寒性の低木です。この属の植物は、ポリネシア、フィージー、ソロモン諸島原産で、主に観葉植物として親しまれているようですが、花が美しいのが本種です。

秋になっても赤紫の花が楽しめるので、園芸店などで見かける機会が増えてきました。

栽培したところでは、栽培自体は問題なかったのですが、冬の防寒対策を怠ったため、枯らしてしまいました。

【花の特徴と性質】

草丈

60〜1mほどになります。

花径3pほどの濃赤紫色花が咲きます。花つきはそれほど多くなく、ぼつぼつと咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Pseuderanthemum・・・・・ギリシャ語のpueud(偽の)+ eranthemum(ルリハナガサ属)

laxiflorum・・・・・laxus(まばらな)+ florum(花の)

【主な種類と品種】

プセウデランセマム属の中で流通しているのは本種だけのようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常は、秋に花の咲いた株が園芸店に出てきますので、これを買って育てます。耐寒性ないので鉢での栽培になります。

通常、購入した株は小さな鉢に植えられていますので、この場合は、根詰まりを起こさないように、根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えます。

パープルスターの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものに植えましたが、特に問題なく育っていました。

置き場所

日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

鉢植えの場合は、鉢が小さいときは毎年、大きめの鉢やプランターに植えているときは2年に1回を目安に植え替えをします。時期は5〜6月が適期です。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをするか、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

そのままにしておくと草姿が悪くなりますので、花後に切り戻しをします。

冬の管理

耐寒性がありませんので、冬は室内に取り込みます。水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

挿し木で増やすことができます。

肥料

春から秋の生育期に2ヵ月に1回程度緩効性の固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。