ハナセンナ Cassia corymbosa

ハナセンナの花
写真 ハナセンナ
撮影時期 2001.9.27
栽培状況 庭植え
科名・属名

マメ科
カッシア属

園芸分類

常緑低木

別名

アンデスの乙女

原産地

アメリカ南部〜ウルグアイ、アンデルセン

用途

庭植え

花期

9月〜10月

【ハナセンナについて】

ハナセンナは、マメ科の花木で、花の少ない8〜9月にきれいな黄色の花が咲きます。1本植えておけば、涼しい秋が一段と待ち遠しくなります。植えて3年もすると、見応えのある花が期待できます。

なお、「アンデスの乙女」というのは流通名で、ハナセンナが正しいようですが、こちらの方が一般的に使われています。

栽培したところでは、幼木でも庭植えで冬を越しましたので、耐寒性はそこそこ強いと言えます。

【花の特徴と性質】

樹高

2〜3mになる低木です。同じ仲間であるコバノセンナと比較すると、コバノセンナは丸い葉ですが、ハナセンナは、葉が細長くなっています。

花径3cmほどの黄色の小さい花ですが、枝一杯に花をつけ、満開時はとてもきれいです。コバノセンナより少し早く、8月中旬頃から咲きはじめ、9月に満開になります。

耐寒性・耐暑性

コバノセンナより耐寒性はありますが、暖地でないと庭植えは難しいと思われます。

学名の説明

Cassia・・・・・桂皮(Cinnamomum cassia)の古名からの転用

corymbosa・・・・・「散房花序の」、「散房状の」

※「散房花序(さんぼうかじょ)」とは、花軸につく花の柄が、下部ほど長く上部は短いため、全体がドーム状になる咲き方です。

【主な種類と品種】

カッシア属で比較的出回っているのは、ハナセンナとコバノセンナです。園芸店などで、これ以外の品種は見たことがありません。

【栽培のポイント】

植え付け

木がかなり大きくなりますので、鉢植えでは厳しいですが、大きな鉢に植えればある程度までは可能かと思われます。植え付けは、春が適期ですが、鉢植えの苗木であれば、秋に植えても差し支えありません。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ハナセンナの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所

陽光を好みますので、日当たりのよいところに植えつけます。日陰では花つきが悪くなります。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりしてきたら、4月ごろに一回り大きい鉢に植え替えます。

剪定

コンパクトにして栽培するには、花が終わった後で、3分の1くらい強い刈り込みをします。

ふやし方

挿し木でふやすことができます。

冬の管理

関東以西の暖地では庭植えができますが、幼木などは、特に寒さが厳しい日は不織布などで包んでやると安心です。

鉢に植えている場合は、霜の当たらない玄関先や軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。寒さが厳しいときは玄関などに取り込みます。

肥料

マメ科で生育が旺盛なので、やせ地以外はほとんど必要ありません。

病気・害虫

病気はあまり発生しませんが、アブラムシとハダニに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。