ハマユウ(浜木綿) Crinum asiaticum var. japonica

ハマユウの花
写真 ハマユウ
撮影時期 2001.6.26
撮影場所 安芸市の海岸にて
科名・属名

ヒガンバナ科
ハマオモト

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

ハマオモト

原産地

房総〜九州

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜9月

【ハマユウについて】

ハマユウはクリナムの仲間で、「浜木綿」と書くのは、花弁が白い木綿糸に似ているからと言われています。高知県の海岸部などでは、梅雨時から初夏に花が咲いている姿をよく見かけます。

万葉集に柿本人麻呂が、「み熊野の浦の浜木棉百重なす 心は思へど直に逢はぬかも」と歌っているように、古くから親しまれてきた花です。

【花の特徴と性質】

草丈

大型の宿根草で、草丈は60〜70pほどになります。

花弁が細長い白色の花で、写真のように花茎の先に10数個の蕾をつけて、次々に花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

 

耐寒性がやや弱く、暖地でないと庭植えでの冬越しは困難です。高知県では平野部では問題なく越冬しています。

学名の説明

Crinum・・・・・ギリシャ語の crinos(ユリ)が語源です。

asiaticum・・・・・「アジアの」

【主な種類と品種】

クリナムの仲間はこちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

園芸店で見かけることはほとんどありません。夏に咲いた花に大きな実がなりますので、これをとって、すぐに播きます。凍らない場所で冬越しすると、4〜6月には芽が出てきます。発芽力は持続しますので、寒地では翌春に播きます。

芽が出たものから、ポリポットに植え替えて苗を育てます。

ハマユウの花

植え付け

株が大きくなりますので、通常は、庭植えで育てます。大型の鉢を使えば、やや厳しいものの花を咲かせられないことはありません。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

日当たりが悪いと、徒長して花付きも悪くなります。

日常の管理

伸びすぎたり、大きくなりすぎた株は、切り戻しをしてやります。3〜4月に切り戻しても夏には花が咲きます。

肥料

庭植えの場合は、葉が伸びる前と花後に有機質肥料を与えます。

病気・害虫

ハマオモトヨトウの食害に注意します。放っておくと被害が大きくなりますので、オルトランなどで早めに駆除します。

そのほか、葉や茎が赤くなる赤斑病などが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。