コレオプシス・ティンクトリア Coreopsis tinctoria

ハルシャギクの花
写真 'ルーレット'
撮影時期 2016.6.15
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キク科
コレオプシス属

園芸分類

秋(春)播き一年草

別名

コレオプシス

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6月〜7月

【コレオプシス・ティンクトリアについて】

ハルシャギクCoreopsis tinctoria)の仲間の一年草の園芸品種には、赤色や蛇の目のないものがあります。また、矮性種もあり、大変丈夫ですので、花壇やプランターなどに植えて楽しめます。

学名が同じなので、これらの園芸種もハルシャギクとしてもよいかとも思いますが、一般には、蛇の目が特徴の在来種をハルシャギクと呼んでいます。

なお、コレオプシス・ティンクトリアの園芸種も、コレオプシスとされることが多いようですが、コレオプシスは属名で、一年草以外に宿根草も含まれ、非常に多様なものが含まれています。そこで、ここでは、在来種のハルシャギク以外の一年草の園芸種を取り上げています。

栽培したところでは、春播きでもよく咲きましたが、開花時期が遅くなり今一つというところでした。‘ルーレット'という品種を秋播きにしたところ、霜除けをしなくても冬を越し、よく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

ハルシャギクの花

草丈

60〜80p程度になります。草丈30pほどの矮性の品種もあります。

花径は3〜4pぐらいで、赤や黄色の単色のものもあります。

耐寒性・耐暑性

暑さに弱く、夏を越せないので一年草として扱われます。耐寒性がありますので秋播きの場合、冬の霜除けは必要としません。

学名の説明

Coreopsis・・・・・ギリシャ語の koris(ナンキンムシ)+ opsis(・・・に似た)が語源です。
※ 美しい花にしては変な学名ですが、果実が南京虫に似ていることがその由来です。

tinctoria・・・・・「染色用の」、「染料の」

【主な種類と品種】

‘ルーレット'

草丈が60〜80cmになります。赤色の花色に少し黄色が混じります。

‘マホガニーミジェット'

矮性で草丈は30pほどです。赤花の小輪をたくさん咲かせます。(写真中)

‘ゴールドスター'

同じく矮性で、黄色の小輪です。(写真:下)

‘マージグラス'

草丈60pほどで、細弁の黄花で基部にチョコレート色の蛇の目が入ります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

春播きの場合は3月下旬〜4月、また、秋播きの場合は9月下旬〜10月中旬ごろに播きます。直まきもできますが、育苗箱に播いて育てることができます。覆土はタネが隠れる程度に薄くします。

発芽後、本葉が3〜4枚のころに3号のポリポットや小鉢に植え替えて、育苗します。

植え付け

ポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。秋播きの場合、そのままポリポットで育て、春に定植してもかまいません。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

ハルシャギクの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜25pとします。

植え場所・置き場所

日当たり水はけのよいところが適地ですが、半日陰程度でも栽培できます。土質を選ばず少々のやせ地でもよく生育します。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

高性の品種は草丈が高くなると倒れやすくなるので、支柱をしてやります。

冬の管理

耐寒性がありますので、花壇に植えても霜除け等は必要ありません。

肥料

無肥料でもよく育つので、庭植えの場合は施肥の必要はありません。肥料分が多くなると草丈が伸びすぎて高性の品種は倒伏しやすくなります。

鉢やプランターに植えた場合は、ときどき液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。