バビアナ Babiana spp.

バビアナの花
写真 バビアナ・ルブロキネア
撮影時期 2017.4.12
栽培状況 鉢植え
科名・属名

アヤメ科
バビアナ属

園芸分類

秋植え球根

別名

ホザキアヤメ

原産地

南アフリカケープ地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月

【バビアナについて】

バビアナは南アフリカ原産のアヤメ科の秋植え球根で、フリージアの近縁種です。ルブロキネアに代表されるように花色も多彩で、魅力に富んでいます。半耐寒性でやや寒さに弱いですが、それさえ気をつければ、大変丈夫で、育てやすい点も魅力です。

うぶ毛の生えた剣状の葉の間から花茎を伸ばし、きれいな花を咲かせます。小型の球根なので鉢植えで楽しむのに適しています。

栽培したところでは、丈夫で、栽培しやすい秋植え球根です。比較的耐寒性があり、野市町周辺では霜の当たらない軒下で冬を越します。

【花の特徴と性質】

バビアナ・ナナの花

草丈

草丈は20〜30p程度です。

青紫や赤紫色の小花を穂状に咲かせます。花茎は2〜3p程度です。

耐寒性・耐暑性

寒さにやや弱く、暖地以外は鉢植えにします。暖地でも、花壇に植えた場合は、霜よけをした方が無難です。

学名の説明

Babiana・・・・・現地語で「ヒヒ」を意味する babianer(babiaan) が語源とされています。
※ ヒヒがこの植物を食べることに由来するそうです。

pygmaea・・・・・「低い」、「小さい」

rubrocyanea・・・・・rubra(赤い)+ cyanea(暗い藍色の)が語源です。※花色からきているものと思われます。

cedarbergensis・・・・・(南アフリカ共和国の)「セダルベルグ(Cederberg)の」

stricta・・・・・「直立の」、「真っすぐの」

【主な種類と品種】

ピグメア
B. pygmaea

大輪でクリーム色地に赤茶色の目が入ります。(写真:下から2枚目)

ルブロキネア
B. rubrocyanea

紫地に中心緋赤色の花が咲きます。とても派手な色彩で、人気があります。バビアナを育てるなら、この花は欠かせません。

セダルベルゲンシス
B. sedarbergensis

香りがあり、水色の花が地際で咲きます。バビアナの中では早咲きで、暖地では2月には花が咲き始めます。(写真:最下段)

ストリクタ
B. stricta

ホザキアヤメと呼ばれる種類で、よく栽培されています。花色がミックスされた品種が販売されています。(写真:上から2枚目)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けは、10月上旬〜11月上旬頃が適期です。やや耐寒性が弱いので、鉢やプランターで育てるのが一般的ですが、関東以西の暖地では、冬に霜除けすれば庭植えできないこともありません。

花壇に植えるときは、植えつけ前に、苦土石灰を撒いて土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、植え場所にバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜてから植えつけます。

バビアナ・ピグメアの花

鉢植えの用土

市販の球根用培養土のほか赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものが一般的です。

植え付けの深さ

植えつけの深さは、庭植えで3〜5cmに、鉢やプランターでは2〜3cmにします。

株間

庭植えで5p程度とします。鉢植えの場合、5号鉢に5〜6球、7号鉢に10球が目安です。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植えつけます。また、アヤメ科の花をつくったことのない場所に植えるようにします。

鉢植えも、日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

花壇に植えた場合は、毎年掘り上げなくても翌年も花をつけてくれますが、2〜3年経つと混みあってきますので分球して植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合は、できれば毎年植え替えをします。

冬の管理

花壇に植えたときは、年内に葉が地上に出てきます。半耐寒性ですので、農ポリでトンネルをするなどして霜よけをします。

鉢やプランターに植えた場合、暖地の場合は霜の当たらない軒下で冬を越します。それ以外のところは室内に置いたほうが安全です。

バビアナ・セデルベルゲンシスの花

休眠期の管理

植え替えを予定しているときは、葉が枯れてきたら掘り上げて、ネットなでに入れて日の当たらない涼しいところで秋まで保管します。

肥料

元肥として、植えつけ時に緩効性の化成肥料を施します。肥料は少し多めに与えた方がよい花がみれるので、芽が伸び出したら、10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。