ハナワギク(花輪菊) Glebionis carinata

ハナワギクの花
写真 ハナワギク 'メリーミックス'
撮影時期 2016.4.22
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬はポリシートで霜除け)
科名・属名

キク科
シュンギク属

園芸分類

秋まき一年草

別名

クリサンセマム・カリナタム
サンシキカミツレ

原産地

モロッコ

用途

庭植え

花期

4〜5月

【花の印象など】

ハナワギクは、ひとつの花に3色が入る品種がありますが、花の色が派手でとても美しいキク科の秋播き一年草です。耐寒性が弱いため比較的見かけることが少ないですが、霜除けさえすれば栽培は簡単です。

以前は、クリサンセマム属に分類されていましたので、園芸図書の中には、クリサンセマムでひとまとめにしているものがありますが、花輪菊という立派な名前が付いていますし、今は別属になっていますので単独で取り上げています。

栽培したところでは、清潔な用土に箱播きし、過湿にならないように注意して育苗するという基本を守り、冬はトンネルをするなどして霜除けすれば、開花時には色とりどりの花が咲いてたいへん見事です。

なお、シュンギクの近縁種ですが、ハナワギクは食用には不向きで、食べると腹をこわすことがあるそうです。

【花の特徴と性質】

ハナワギクの花

草丈

草丈は50〜60pです。

ひとつの花に3色が入る品種は、英名でも、トリカラー・クリサンセマムといいます。

花色は、白、黄、、赤、橙色などで、3色にいろいろな組み合わせがあります。花茎は5〜6p程度です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱く、暖地でも霜よけが必要です。試みに露地植えで霜よけをしなかったところ、株は枯れてしまいました。

学名の説明

Glebionis・・・・・gleba(土)+ionis(特徴のある)が語源です。

carinata・・・・・「竜骨弁(舟)弁のある」、「竜骨状の」 ※竜骨弁とは、マメ科植物の蝶形花のにおいて、下方の左右一対の花びらのことです。

【主な種類と品種】

メリーミックス

各色の混合です。(写真:上の3枚)

サンセットミックス

黄〜赤の花色を中心とした華やかな花色の混合です。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

耐寒性が弱いですが、春まきだと充実した株にするのが少々難しいので、暖地では秋まきとします。寒地では春播きとします。

9月中旬〜10月に清潔な用土に箱播きし、覆土は2mm程度にします。発芽後、本葉が2〜3枚のときに、ポリポットに植え替えて育苗します。

育苗中は、過湿にならないよう注意し、薄めの液肥を与えて充実した苗に育てます。

植え付け

本葉が5〜6枚になったころに、花壇やプランターに定植します。

ハナワギクの花

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。

1週間ほどしたら、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜25cmほどにします。

植え場所・置き場所

土質は選びませんが、日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

プランターに植えた場合も、日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

定植後草丈が伸びてきたら摘芯をします。そうすると株立ちも多くなり開花時が一段と見栄えがします。鉢やプランターで育てている場合も、摘芯をすることをお勧めします。

開花時期になると株が大きくなって倒れやすくなりますので、その場合は支柱を立ててやります。

冬の管理

耐寒性が弱いので、冬が近づいてきたら農ポリでトンネルをするなど霜除けをします。鉢やプランターに植えた場合は、霜の当たらない暖かいところに置きます。

ハナワギクの花

トンネルをして育てていると、春になって草丈が伸びてトンネルに当たるようになりますが、開花までに間があるときは、もう一度摘芯をして、草丈を低くするとともに、花茎を増やすようにします。

肥料

窒素肥料を与えすぎると徒長して倒伏しやすくなりますので、できるだけリン酸とカリを多く与えるようにします。

病気・害虫

アブラムシを見かけたら早めに防除しておきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。