バーベナ(一年草) Verbena hybrida

バーベナの花
写真 バーベナ(一年草)
撮影時期 2014.4.23
栽培状況 苗購入後、庭植え
科名・属名

クマツヅラ科
バーベナ属

園芸分類

春(秋)まき一年草

別名

ビジョザクラ

原産地

中南米

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【バーベナ(一年草)について】

バーベナは、大きく分けるとタネから育てる一年草タイプのもの、一年草との種間交配により育成された栄養系の品種群(V. hybrida)、そして、バーベナ・リギダV. rigida)や三尺バーベナV. bonariensis)などの原種系の宿根草の3タイプになります。

いずれも春の花壇や鉢植えに欠かすことのできないもので、園芸店でもよく売られています。

ここでは、一年草タイプのものについて、記載していますが、一年草タイプのものも、いくつかの原種が交配されたものです。

栽培したところでは、春播きの場合は、開花時期にウドンコ病にかかったりしてあまりよい結果が得られませんでした。

一年草のバーベナはウドンコ病が大敵で、これさえなければ、苗からは育てやすいのですが。

【花の特徴と性質】

バーベナの花

草丈

20〜30cmほどです。

白、ピンク、赤、紫など鮮やかな花色が特徴です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強くありません。

学名の説明

Verbena・・・・・この属の植物の古ラテン名に由来します。

hybrida・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

‘ベスタ’

草丈25cmほどで、赤、桃、白など鮮やかな色調の花色がミックスされています。

‘オブセッション’

草丈20cmほどで、こちらも花色がミックスされたタネが販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽温度が15〜20度ですので、通常は3月中旬〜4月上旬に播きますが、早い時期に播くときは、フレームなどで管理します。関東以西の暖地の場合は9月下旬〜10月中旬の秋播きもできます。

ただし、バーベナは発芽後の成育がゆっくりなので、秋播きの場合は、冬が来るまでに十分な苗にすることが難しく、フレームや簡易の温室程度がないとよい結果は得られません。

タネは育苗箱に播き、覆土は2mm程度にします。通常のタネ播きの場合、播いた後で十分に水やりをしますが、バーベナは急速に吸水させると発芽が悪くなりますので注意します。

ある程度湿らせた用土にタネを播いた後は、水やりをせず、用土が乾燥しないよう新聞紙をかぶせておきます。

3日ぐらいは水やりを控えて、過湿にならないようにします。過湿にすると発芽率が非常に悪くなります。

発芽後、本葉が2〜3枚になったら、ポリポットに植え替えて苗を育てます。

植え付け

花壇に植える場合は、暖かくなり、霜の降りる恐れがなくなってから定植した方が失敗が少ないと思います。秋に定植したときは、霜除けが必要になります。

鉢やプランターに植える場合は、もう少し早くてもかまいませんが、寒さが残っている場合は軒下など暖かいところで育てます。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、耕しておきます。定植の際、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は。市販の草花培養土などを使います。

バーベナの花 株間

花壇に植える場合は、20〜25pで定植します。60pの標準のプランターの場合は、3〜4株が目安です。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢やプランターに植えている場合は、過湿にならないようにし、鉢土の表面が乾いてきてから水やりをします。

冬の管理

秋にタネを播いた場合は、苗をフレームやビニールハウスなどで育てますが、高温になりすぎないよう注意します。

秋に花壇に植え付けたときは、しっかりと霜除けをしておきます。

肥料

比較的多肥を好むので、元肥としてリン酸とカリ分の多い化成肥料を1u当たり50g程度与えます。

病気・害虫

ウドンコ病に弱いので、つぼみが見えだした頃から定期的に消毒が必要です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。