バーベナ・テネラ Verbena tenera

バーベナ・テネラの花
写真 バーベナ・テネラ
撮影時期 2005.5.5
栽培状況 庭植え
科名・属名

クマツヅラ科
バーベナ属

園芸分類

宿根草

別名

タピアン

原産地

中南米

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜11月

【バーベナ・テネラについて】

バーベナは、一年草のものと宿根性のものに分かれますが、バーベナ・テネラは、ほふく性の宿根バーベナです。この系統の中では、サントリーフラワーが開発した‘タピアン’がよく栽培されますが、これは、テネラを品種改良したものです。

とても丈夫で、花期も長いので利用価値が高いといえます。そのうえ、ウドンコ病にも強く、発生することはまずありません。

【花の特徴と性質】

草丈

ほふく性で、草丈は20pほどでしょうか。よく広がりますので、グランドカバーとしても十分使えます。

写真のようにバーベナ特有の花の形をしています。花色も豊富でブルー、紫、ピンクなどがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性が強く、香南市野市町では庭植えで冬を越しています。

学名の説明

Verbena・・・・・この属の植物の古ラテン名に由来します。

tenera・・・・・「細い」、「軟弱な」

【主な種類と品種】

この系統のバーベナでは、タピアンがおなじみです。色はブルー、紫、ピンクなどですが名前は付いていませんでした。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどでは、春先に開花株やポット苗が売られていることが多いので、通常は、これらを買って育てることになります。

ポット苗を購入したときは、できるだけ早く花壇やプランターなどに植え付けます。プランターに植え付ける場合は、径の大き浅めの丸形プランターが適しています。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、パーライト(川砂)を6:3:1程度に混ぜた用土などを使います。

バーベナの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けますが、夏の西日が当たらないところが最適です。

鉢やプランターに植えた場合も、秋から春は日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

鉢やプランターで育てている場合は、冬を越したら、毎年、春先に植え替えます。

花壇に植えている場合も、2年ほどたったら別の場所に植え替えた方が成育がよくなります。

日常の管理

鉢やプランターに植えている場合は、過湿にならないようにし、鉢土の表面が乾いてきてから水やりをします。

花が一通り終わって、草姿が乱れてきたら適宜に切り戻しをします。

夏の管理

夏の暑さには比較的強いですが、鉢やプランターは、風通しのよい半日陰に置くようにします。肥料は与える必要はありません。

冬の管理

耐寒性がありますので、暖地では花壇に植えても霜除け等は必要ありません。

鉢やプランターは、軒下など霜の当たらないところに移しておきます。水やりは控えめにします。

ふやし方

挿し芽ができます。バーミキュライト等に挿せば発根します。

肥料

花壇に植える場合は、植え付け時に緩効性の肥料を与えます。後は、春と秋に固形肥料を月に1回程度与えます。

鉢やプランターに植える場合は、元肥のほかに追肥として1週間に1回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

バーベナの大敵であるウドンコ病にかかりにくいので、あまり気にする必要はありません。ほかには、アブラムシ、オンシツコナジラミなどが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。