ネコヤナギ Salix gracilistyla

ネコヤナギの花
写真 四万十ネコヤナギ
撮影時期 2014.3.23
栽培状況 庭植え
科名・属名

ヤナギ科
ヤナギ属

園芸分類

落葉低木

別名

カワヤナギ

原産地

日本

用途

庭植え

花期

2〜3月

【ネコヤナギについて】

ネコヤナギは水辺を好む落葉低木です。春先に銀白色の花穂が美しいので、切り花にも利用されます。名前の由来は、花穂をネコの尾にたとえたことによります。

上の2枚の写真は、ホームセンターで見つけた四万十ネコヤナギですが、花色はクリーム色で、花・葉ともに小ぶりで扱いやすいのが特徴です。

栽培したところでは、暑さ、寒さに強く、手間がかかりません。

【花の特徴と性質】

ネコヤナギの花

草丈

1〜3mになります。

銀白色の美しい花穂が特徴です。花穂がピンクの品種もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Salix・・・・・本属の植物のラテン古名に由来します。

gracilistyla・・・・・ gracilis(か細い、ほっそりした)+stylus(花柱)が語源です。

【主な種類と品種】

変種に花穂が紫黒色のクロヤナギ又はクロメヤヤギ(var. melanostachys)があり生け花など利用されます。また、花穂がピンクの品種が出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

落葉樹ですので、真冬を除いて秋から春先に植え付けます。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ネコヤナギの花

植え場所

日当たりのよいところを好みます。また、水辺を好む性質がありますので、乾燥しやすいところは避けるようにします。

剪定

夏には花芽ができてきますので、通常の剪定は、花後すぐに行います。秋以降の剪定は伸びすぎた枝を整理する程度にとどめます。

冬に強剪定をすると、せっかくできた花芽を切り取ることになります。

肥料

特に必要ありません。

病気・害虫

アブラムシが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。