熱帯スズランの木 Elaeocarpus grandiflorus

熱帯スズランの木の花
写真 熱帯スズランの木
撮影時期 2005.7.18
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ホルトノキ科
ホルトノキ属

園芸分類

常緑高木

別名

エラエオカルプス・グランディス

原産地

熱帯アジア

用途

鉢植え

花期

6〜7月

【花の印象など】

熱帯スズランの木は、ホルトノキ科ホルトノキ属の常緑高木です。ただし、耐寒性がないので鉢植えでの栽培になりますが、鉢植えで育てれば、それほど大きくなることはありませんし、木が小さいうちからよく花を付けます。

この花は、2004年の「タキイ種苗」の春のカタログに載っていたもので、送られてきた株が充実していたので1年目から花が咲きました。写真は2年目になりますが、花もたくさん咲いてなかなか魅力的な花木です。

栽培したところでは、小さいうちからよく花をつけるので、鉢植えで十分に楽しむことができます。

【花の特徴と性質】

樹高

現地では10mを超えるほどの高木ですが、鉢植えで育てれば、ずっと低く収まります。

写真のように白い花が下垂して咲きます。花弁に細かい切れ込みがあるところが特徴でしょうか。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありません。「熱帯」という名前がついていますが、温室がなくても室内で冬を越せます。

学名の説明

Elaeocarpus・・・・・ギリシャ語の elaios(オリーブ)+ carpos(果実)が語源です。

grandiflorus・・・・・「大きい花の」

【主な種類と品種】

ホルトノキは、平賀源内がこの木をオリーブと間違え、「ポルトガルの木」と呼んだことから付いた名前と言われています。モガシとも呼ばれ高木でとても大きくなります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性がないので、鉢での栽培になります。以前に、初夏に園芸店でも見かけたことがありますが、種苗会社のカタログなどで購入して育てます。購入した鉢が小さいときは、あまり根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植えつけます。

熱帯スズランの木の花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

日当たりのよいところで管理します。

植え替え

2年に1回程度、暖かくなった5月ごろに植え替えます。

剪定

樹形が乱れやすいので、花後に切り戻しをします。

冬の管理

耐寒性がないので、冬になる前に室内に取り込みます。水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

肥料

生育期間中、月1回置き肥をする程度でよいかと思います。

病気・害虫

今のところ特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。