ネジバナ Spiranthes sinensis var. amoena

ネジバナの花
写真 ネジバナ
撮影時期 2001.6.18
栽培状況 庭植え(芝生に自生していたもの)
科名・属名

ラン科
ネジバナ属

園芸分類

宿根草

別名

モジズリ

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜8月

【ネジバナについて】

ネジバナの花は、日当たりの良い土手や芝生でよく見かけますが、ラン科とは気がつきませんでした。目立たない植物ですが、アップにするとラン科の花だけになかなかきれいです。

ネジバナというのは、写真のように茎が捻れているように見えるところから来ています。右巻きと左巻きの両方があるようですが、その比率が大体同じだと言われると、なんとなく自然の不思議さを感じます。

栽培したところでは、身近な花なので栽培もごく簡単かと思ったら、鉢で育てるとなると少し手間がかかります。

【花の特徴と性質】

草丈

10〜30pほどです。

ねじれた花茎に多数の淡紅色の花が咲きます。一般には写真の色が多いですが、白花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Spiranthes・・・・・ギリシャ語で speira(らせん)+anthos(花)が語源です。

sinensis・・・・・「中国の」

amoena・・・・・「優美な」、「愛らしい」

【主な種類と品種】

ネジバナ

淡桃紅色の花です。

白花モジズリ

 白花のネジバナであまり見られません。

レブンモジズリ

 北海道礼文島産のネジバナで花色が濃桃紅色です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

芝生や土手などごく身近に生えていますが、これを栽培するとなると鉢植えで育てるのが一般的です。植えつけ時期は、

群生を好むので密植するとよいですし、単独で植えるよりも他の草や芝生などと寄せ植えする方が結果がよいようです。

鉢植えの用土

ネジバナの花

市販の山野草培養土でも差し支えありませんし、赤玉土と鹿沼土を等量にした用土などに植え付けます。

置き場所

日当たりがよいところでも半日陰でも育ちますが、できれば日当たりがよい方がしまった株になります。

ただし、夏場は半日陰に置くか遮光して、鉢の乾燥を防ぐようにします。

植え替え

植え替えは、9月下旬〜10月頃に株分けを兼ねて行います。

日常の管理

ネジバナはやや湿った環境を好みますので、乾燥させすぎないように、鉢土の表面が乾いてきたら乾ききらないうちにたっぷりと水やりします。特に、夏場の水切れに注意します。

冬の管理

霜の当たらない軒下などに置いて育てます。また、冬場でも水切れさせてしまうとダメージが大きいので、鉢土が乾いたら忘れないように水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に、株分けをして増やすことができます。タネを採って播くこともできますが、あまり一般的ではありません。

肥料

4〜6月と9〜10月に、2週間に1回程度薄めの液肥を与えるか、少量の固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。