ノラナ Nolana paradoxa

ノラナの花
写真 ノラナ 'ブルーアイズ'
撮影時期 2006.6.18
栽培状況 苗購入後、鉢植え
科名・属名

ノラナ科
ノラナ属

園芸分類

一年草、宿根草

別名

ハイナス

原産地

チリー

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜6月

【花の印象など】

ノラナは、ノラナ科ノラナ属の宿根草です。和名をハイナスといいますが、ナス科の花に似た青紫系の花が咲きます。

暑さ、寒さにあまり強くありませんが、この苗は、「サカタのタネ」で購入して2年目になったときに写したものです。摘芯をせず放任したので、間延びした株になってしまいました。

栽培した経験では、タネから播いた場合、通常の春播きにしたところ、下の写真のように、花は咲いたものの貧弱な株となり、よい結果が得られませんでした。

次は、早春に播くか、もしくは、耐寒性は強くないものの、購入した苗が軒下で冬を越しましたので、秋播きにしてみたいと思っています。

【花の特徴と性質】

草丈

20〜30pほどです。

花径3〜5pで、青紫系の一重の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はあまり強くありません。また、夏の高温多湿を嫌います。

【主な種類と品種】

「サカタのタネ」のカタログに「ブルーアイズ」という品種の苗が出ていました。また、タネは国華園のカタログに出ていました。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ノラナは高温多湿に弱いので、暖地では、一般的な3月下旬〜4月に播くと十分に育たないうちに高温多湿の時期を向え、結果がよくありません。2月下旬〜3月初めに播いて、フレームなどで育てます。寒地の場合は、3月下旬〜4月に播きます。

育苗箱やセルトレイに播き、覆土は2〜3mmとします。本葉が2〜3枚のころポットや小鉢に植え替え、本葉が4〜5枚のころに定植します。苗が大きくなってからの定植は、根が傷みますので遅れないようにします。

春に苗を購入したときは、根鉢を崩さないように植え付けます。

ノラナの花

植え場所・置き場所

一年草として扱うなら、日当たりと水はけの良いところに植えつけます。宿根草として栽培するなら、高温多湿を嫌うので、暖地の場合は鉢植えにして、梅雨の雨を避け、夏は風通しのよい涼しいところで育てる方が無難です。

また、耐寒性が弱いので、夏を越した株は冬は軒下で管理します。

株間

30〜40pと広く取ります。

日常の管理

摘芯を繰り返して、枝数を増やすと花がたくさん咲いて見映えがします。繁殖は、挿し芽ができます。

肥料

液肥をときどき与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。