トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

ネリネ(春植え) Nerine

ネリネの花
写真 ネリネ・ボーデニー
撮影時期 2013.11.29
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヒガンバナ科
ネリネ属

園芸分類

春植え球根

別名

ダイヤモンドリリー

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

11月〜12月

【ネリネ(春植えタイプ)】

ネリネは、一般には9月初めに植え付けしますが、ここでは、春植えの品種を取り上げています。

春植えタイプのネリネは、夏植え球根が温かくなると葉が枯れていくのとは逆に、暖かくなってから生育をはじめ、晩秋から冬に花が咲いた後で葉が枯れていきます。花期の遅い品種は、12月から1月にかけて咲きますので貴重です。

栽培したところでは、丈夫な球根で栽培は容易ですし、寒さにも比較的強く、軒下で冬を越しています。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は30〜50pほどになります。

花は、秋植えの品種と違って豪華さは劣るかもしれませんが、それはそれで風情があります。花色はピンク、白などです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がありますので、暖地の場合では軒下で冬を越せます。耐暑性もあり、丈夫な球根と言えます。

【主な種類と品種】

ボーデニー
Nerine bowdenii

春植えのネリネの代表的な品種です。花は、ピンクです。

クリスパ
Nerine undulate

淡いピンクの品種で、小輪の多花性品種です。耐寒性が強く露地植えできます。(写真下)

パトリシア

少しだけピンクの色がかかる白花です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性はありますが、開花時期が11〜12月ごろになりますので、鉢植えで育てた方が安心です。球根を買って植え付ける場合は、4〜5月頃が適期です。入手したらすぐに植えつけます。

鉢植えの用土

過湿を嫌いますので水はけのよい用土に植えつけます。用土は赤玉土などを使い、腐葉土や堆肥類は混ぜない方が無難です。

ネリネの花

植え付けの深さ

植えつけは、球根の肩が見えるくらいの浅植えにします。

株間

5号鉢に3球程度を目安にします。8号鉢に10球ほど植えるとにぎやかに咲いてくれます。

置き場所

植えつけ後は涼しい半日陰に置き、葉が伸びてきたら日当たりのよいところに置きます。

植え替え

植え替えは3〜4年ごとに行います。4〜5月頃に掘り上げすぐに植えつけます。

日常の管理

植えつけ時に十分灌水し、以後は鉢の表面が乾いたら水をやる様にし、過湿にならないように注意します。

冬の管理

12月にはまだ花が咲いていますので、暖地では霜の当たらない暖かいところに置きます。

ふやし方

分球して増やすことができます。

休眠期の管理

花が終わったら葉が枯れてきますが、掘り上げたりせず鉢に植えたまま、雨の当たらない暖かいところで冬を越させます。暖地では軒下で大丈夫です。

肥料

ネリネはやせ地に強い植物ですので、肥料はほとんど必要ありません。むしろ、与えすぎるとよい結果は得られません。ときどき、薄目の液肥を与えていますが、それで問題なく美しい花が楽しめます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。