トキンバラ Rubus rosifolius

トキンバラの花
写真 トキンバラ
撮影時期 2016.4.16
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
キイチゴ属

園芸分類

落葉低木

別名

ボタンイバラ
トキンイバラ

原産地

中国

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月〜6月

【トキンバラについて】

トキンバラは、バラ属ではなく中国原産の木イチゴの仲間ですが、花がバラに似て美しいことからその名前が付いています。なお、トキンというのは、修験者が被る小さな黒い頭巾のことです。

バラ属ではありませんので、香りはありませんが、バラと違って病気にも強く、花がたくさん咲きます。

栽培したところでは、暑さ寒さに強く育てやすいですが、地下茎が伸びて、あちこちから芽が出て、増えすぎて困るほどです。

【花の特徴と性質】

トキンバラの花

樹高

1mほどになります。

花径6cmほどの美しい白花です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があります。

学名の説明

Rubus・・・・・ラテン語の赤を意味する ruber が語源で、赤い未熟の果実を指します。

rosifolius・・・・・「バラのような葉を持つ」

【主な種類と品種】

八重咲きの品種が販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春又は秋に植えつけます。繁殖力が強く地下茎で増えていくので、広げたくないなら鉢植えが適しています。庭植えの場合は、増えすぎて困らないような場所を選ぶ必要があります。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

トキンバラの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢植えの場合は、鉢が乾いてから水やりをします。

庭植えの場合、増やしたくないなら、地下茎が伸びて芽を出した株を早めに掘り取っておきます。

毎年この作業をしないと手に負えなくなります。

剪定

花が咲き終わった枝は、花後に根元から切り取っておきます。

肥料

春と秋に緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。