テコフィレア Tecophilaea cyanocrocus

テコフィレアの花
写真 テコフィレア・キアノクロクス
撮影時期 2017.2.17
栽培状況 鉢植え
科名・属名

テコフィレア科
テコフィレア属

園芸分類

秋植え球根

別名

テコフィラエア

原産地

チリ

用途

鉢植え

花期

2月〜3月

【テコフィレアについて】

テコフィレアは、チリ原産のテコフィレア属の秋植え球根です。ブルーの美しい花が咲くことから乱獲されたのか、自生地では絶滅したと言われています。

繁殖が容易でないことから、非常に高値で販売されていましたが、今でも、球根としては、高い値段が付いています。

栽培したところでは、3球植えたうちで、2球は芽が出てこず、花の咲いた株は1球にとどまりました。芽を出せば、後は比較的スムーズに育ち花も咲きましたので、気温の高い時期にやや過湿になったのが悪かったようです。

【花の特徴と性質】

草丈

小型の球根で5〜10cm程度です。

「主な種類と品種」を参照してください。

耐寒性・耐暑性

寒さには比較的強いですが、霜に当てると傷んでしまいます。

学名の説明

Tecophilaea・・・・・植物画家 Tecophila Colla-Billoti に因みます。

cyanocrocus・・・・・cyaneus(暗い藍色)+crocus(サフラン)が語源です。

leichtlinii・・・・・ドイツの植物学者 Max Leichtlin に因みます。

violacea・・・・・「紫紅色の」、「スミレ色の」

【主な種類と品種】

シアノクロカス

T. cyanocrocus

濃いコバルト色で、花の中心が白くぼかしたようになります。球根によって、白い部分の大きさに違いがあるようです。

ライヒトニー
T. cyanocrocus var. leichtlinii

シアノクロカスの変種で、花色が淡く、中央の白い部分が大きくなっています。(写真下)

ビオラセア

T. cyanocrocus var. violacea

こちらもシアノクロカスの変種で、花色が紫色の品種です。

【育て方と栽培のポイント】

テコフィレアの花

植え付け

耐寒性が弱いので、鉢での栽培になります。植え付けの時期は、10月中旬〜11月上旬が適期です。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。山野草向きの用土、もしくは鹿沼土と軽石砂を等量に混ぜた用土などが一例です。

バーク堆肥や腐葉土を入れると球根が腐りやすくなる恐れがありますので、入れる必要はありません。

植え付けの深さ

球根の上に2〜3cmほど鉢土がかぶる程度にします。

株間

株はさほど大きくなりませんので、5号鉢に3球程度を目安にします。

置き場所

日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

植え付け後、気温が高い時期に過湿にすると球根が腐りやすくなります。最近は、10月とは言え気温の高い日が増えてきていますので、当初は、やや乾燥気味に管理します。

冬の管理

関東以西の暖地の場合は、霜の当たらない軒下に置けば冬を越します。特に寒い日があったので、不織布を掛けてあったところあっという間に花が咲きました。

休眠期の管理

地上部が枯れたらそ、鉢に植えたまま、雨と日が当たらない涼しいところで秋まで保存します。

肥料

発芽してから、薄めの液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特にはないようですが、植え付け直後に過湿になると、球根が腐ることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。