ディピダクス Dipidax triquetra

ディピダクスの花
写真 ディピダクス
撮影時期 2007.3.4
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ユリ科
ディピダクス属

園芸分類

秋植え球根

別名

クリスタルリリー

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【ディピダクスについて】

ディピダクスは、あまり流通していないのでほとんど見かることのない花ですが、南アフリカ原産の秋植え球根で、切り花にも利用されます。

球根を入手できずにいたところ、昨年(2006年)のタキイ種苗のカタログに出ていたので、やっと花を見ることができました。

だいぶ以前に植えましたので、記憶がはっきりしていないところがありますが、栽培したところでは、写真のように比較的よく咲きましたので、栽培はそれほど難しくなかったです。ただし、その後、球根の管理が悪く、どこかに消えてしまったのが残念です。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は30〜40pほどです。

花径3pほどの6弁の花です。花色は白く、中心が紅を帯びた花が穂状に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は中程度とされています。

学名の説明

Dipidax・・・・・(※ 不詳)

triquetra・・・・・「三角形の」、「三稜形の」

【主な種類と品種】

ディピダクス・トリクェトラという1種のみのようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性があまりないので、通常は鉢での栽培になります。植え付けは、9〜10月が適期です。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜた用土などを使います。

植え付けの深さ

球根に3cmほどの土がかかる程度に植えつけます。

ディピダクスの花

置き場所

日当たりの良いところで育てます。

株間

5号鉢に5球程度とします。

日常の管理

生育期には水草で、休眠期には乾いた球根となる風変わりな球根ですので、生育期間中はたっぷりと水を与えます。

冬の管理

耐寒性はあまり強くないので、冬は室内で管理した方が無難です。

休眠期の管理

葉が黄色くなったら堀上げて、日陰で乾燥させて保管します。また、鉢に植えたまま乾燥させて保管してもかまいません。

ふやし方

分球と実生によって増せれるようですが、タネを播いたことはありません。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与え、つぼみが出始めたら液肥を月2回程度与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。