トキワヒメハギ Polygala chamaebuxus var. grandiflora

トキワヒメハギの花
写真 トキワヒメハギ
撮影時期 2007.2.12
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヒメハギ科
ヒメハギ属

園芸分類

小低木

別名

(特にありません)

原産地

ヨーロッパ

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【トキワヒメハギについて】

トキワヒメハギは、ハギの仲間ではなく、ポリガラの仲間です。ヨーロッパ原産の常緑小低木で、2〜3月頃に園芸店などで売られています。なお、単にヒメハギ(Polygala japonica)と呼ばれるものは別種です。

よく見かけるのは、花弁の先端が黄、翼弁が紫紅色のグランディフローラという変種で、翼弁が白い基本種は白花トキワヒメハギとも言いますが、こちらの方はほとんど流通していないようです。

栽培したところでは、夏の暑さで枯らしてしまったように記憶していますが、かなり以前のことなので、もう一度育てて確認してみたいと思っています。

【花の特徴と性質】

樹高

20〜30pほどです。

花径1pほどの小さな花で、花弁の先端が黄、翼弁は白色又は紫紅色です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性は弱いようです。

学名の説明

Polygala・・・・・ギリシャ語の polys(多い)+ gala(乳)が語源です。

chamaebuxus・・・・・ギリシャ語の chamae(低い、小さい)+ buxus(ツゲ属の)が語源です。

【主な種類と品種】

基本種の Polygala chamaebuxus は、花弁の先端が黄、翼弁が白色で、白花トキワヒメハギとも言います。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

名前のとおり小型の植物ですので鉢や小さなプランターで育てるのに向いています。また、夏の暑さに弱く、暖地の場合、移動の簡単な鉢植えが適しています。

春先に、花の咲いたポット植えの株が出回りますのでこれを買って育てます。

トキワヒメハギの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。

置き場所

日当たりを好みますが、耐暑性が弱いので初夏から秋までは半日陰で管理します。

日常の管理

表土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

夏の管理

高山系の植物ですので、夏の暑さを嫌います。夏は風通しのよい半日陰に置きます。

高温多湿を嫌いますので、夏場はやや乾燥気味に管理します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越します。鉢植えの場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

多肥は避け、春と秋に緩効性の固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。