トキソウ Pogonia japonica

トキソウの花
写真 トキソウ
撮影時期 2004.5.22
撮影場所 とっとり花回廊にて
科名・属名

ラン科
トキソウ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

日本各地

用途

鉢植え

花期

5〜6月

【トキソウについて】

トキソウは分布の広い湿原植物で、名前の由来は、絶滅した鳥のトキからきています。日本各地に分布していましたが、花が美しいことから自生地が乱獲されて、低地ではあまり見かけなくなったようです。

なお、タイリントキソウとは別の植物で、属が違っています。

【花の特徴と性質】

草丈

15〜20pです。

淡い桃色の花で、この花色を鳥のトキに見立ててようです。

耐寒性・耐暑性

もともと全国の低地にも自生していたもので、耐寒性、耐暑性があります。

学名の説明

Pogonia・・・・・ギリシャ語の pogonias(ヒゲのある、芒のある)が語源です。

japonica・・・・・「日本の」

【主な種類と品種】

淡桃色の花をよく見かけますが、白花もあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

新芽が出る前の2月中旬〜3月が植え付けの適期ですが、5月頃に園芸店やホームセンターなどで開花株が販売されていることがありますので、これを買って育てるも多いかと思われます。

庭植えには不向きで、平鉢や浅めの鉢に植え付けて育てます。

鉢植えの用土

トキソウの花

水苔の単用、もしくは鹿沼土と軽石砂を7対3程度に混ぜ合わせた用土などを使います。

株間

4号鉢に10芽、5号鉢に15芽程度を目安にします。

置き場所

日当たりのよい場所に置きます。ただし、夏場は半日陰で管理します。

植え替え

植え替えは2年に1回を目安に行います。

時期は、新芽が出る前の2月中旬〜3月が適期です。

日常の管理

もともと湿原などに自生していたことからも、水切れを嫌いますので、乾かさないように注意します。秋に地上部が枯れますが、その後も乾燥させない水を与え続けます。

夏の管理

夏場は半日陰において、葉焼けと鉢の乾燥を防ぐようにします。

冬の管理

冬に水やりを止めてしまうと株が枯れてしまいますので、休眠期の冬場も鉢を乾燥させないように水やりを続けます。

耐寒性はありますが、強い霜に当たって鉢が凍結しないよう、軒下などに置くようにします。

ふやし方

植え替えのときに、株分けをして増やすことができます。

肥料

4月〜6月と9月下旬〜10月に、液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

ヨトウムシやナメクジに葉を食べられることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。