トロロアオイ Abelmoschus manihot

トロロアオイの花
写真 トロロアオイ
撮影時期 2012.7.29
栽培状況 春まき後、庭植え
科名・属名

アオイ科
トロロアオイ属

園芸分類

春まき一年草

別名

黄蜀葵
ハナオクラ

原産地

中国

用途

庭植え

花期

7〜9月

【トロロアオイについて】

トロロアオイは、中国原産の春播き一年草で、根をすりつぶした粘液が和紙づくりに使われます。また、黄蜀葵という別名のとおり、黄色の大きな花が咲きますので、夏の花壇に利用されます。花が大きく、花の少なくなる時期によく咲いてくれますのでなかなか魅力があります。

さらに、オクラに似た花が咲くことからハナオクラという別名がありますが、花を食材として利用することもできます。

栽培したところでは、発芽もよく育苗は簡単で、夏の花壇によく咲いてくれました。タネを取っておいて翌春に播きましたが、こちらも大変よく咲きました。

【花の特徴と性質】

草丈

だいたい1mほどになります。

花径は10pほどで、薄い黄色に中心が濃紫色です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強くありませんが、霜の降りないところでは宿根草になります。

学名の説明

Abelmoschus・・・・・アラビア語の abu el mosk(香りの父)が語源です。

manihot・・・・・キャッサバのブラジルの呼び名に由来します。

【主な種類と品種】

以前に、タネが「サカタのタネ」などで売られていました。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽適温が20〜25度程度ですので、4月中旬〜5月に播きます。暖地でも早く播く場合は、フレームなどで播くようにします。

育苗箱かポットや小鉢に直接播きます。覆土は5mm程度にします。

育苗箱に播いた場合は、発芽後、本葉が3〜4枚のころに3号のポリポットに植え替えて苗を育てます。タネが大きくて、発芽もよく育苗は簡単です。

植え付け

ポットに根が回ったら花壇やプランターに定植します。株が大きくなりますので、鉢植えでは窮屈になります。大きめのプランターなら何とか収まるかと思います。

花壇に植える場合は、植えつけの前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。植え付けの際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

トロロアオイの花

株間

株が大きくなりますので40pほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

終わった花は、タネを取る分以外は早めに取り除きます。タネを取っておけば翌年に播くことができます。

暖地の場合、秋に切り戻しをして、霜除けをして防寒すれば、冬を越すことができます。

肥料

花壇に植える場合は、 化成肥料を1u当たり50gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

プランターに植える場合は、元肥のほかに追肥として、生育期間中、月に1回程度固形の化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

幼苗のときにネキリムシにやられることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。