テコマリア Tecomaria capensis

テコマリアの花
写真 テコマリア・カペンシス ‘オーレア'
撮影時期 2007.9.21
栽培状況 庭植え
科名・属名

ノウゼンカズラ科
テコマリア属

園芸分類

半つる性常緑低木

別名

ヒメノウゼンカズラ

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜11月

【テコマリアについて】

テコマリアは、花や葉がノウゼンカズラを小型にしたようで、その姿からヒメノウゼンカズラとも呼ばれます。ただし、ノウゼンカズラとは属が違っています。

カペンシスは比較的耐寒性があり、下の写真のように、高知市内ですが庭植えの株によく花が咲いていました。花期は長く、11月になっても花を見ることができます。

栽培したところでは、オーレアを庭植えにしていましたが、非常に強い寒波が来た年に枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

樹高

2mほどで、ノウゼンカズラよりは小型です。剪定すれば、鉢植えでも栽培できます。

下の写真のように朱橙色の花が一般的で、枝先に咲きます。朱橙色の他黄色の品種もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はそれほど強くありませんが、耐暑性は強いです。

学名の説明

Tecomaria・・・・・自生地の地名が語源です。

capensis・・・・・「南アフリカのケープ地方の」

【主な種類と品種】

カペンシス
T. capensis

朱橙色の花が咲きます。一般によく見かける品種です。

オーレア
T. capensis ‘Aurea'

黄花品種で、あまり見かけません。耐寒性はやや弱いようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

放任すると枝がかなり伸びますが、剪定をして育てれば鉢植えでも栽培できます。植え付けの適期は、4〜5月です。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

テコマリアの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、北風の当たらない日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

ただし、庭植えできるところは、関東以西の暖地に限られますし、強い寒波が来ると枯れることがあります。

鉢やプランターに植えた場合は、日当たりのよいところに置いて育てます。

剪定

冬場に、伸びすぎた枝などを剪定して樹形を整えます。

冬の管理

鉢植えは、軒下など霜の当たらないところに置きます。寒い地域は室内に取り込みます。

ふやし方

挿し木で増やすことができます。

肥料

庭植えの場合は、春と秋に有機質肥料を与えます。

鉢植えの場合は、4〜10月にかけて2月に1回程度置き肥をします。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。