イングリッシュデージー Bellis perennis

イングリッシュデージーの花
写真 イングリッシュデージー
撮影時期 2009.3.21
撮影場所 苗購入後、鉢植え
科名・属名

キク科
ヒナギク属

園芸分類

秋播き一年草
(宿根草)

別名

ローンデージー

原産地

西ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

2〜4月

【花の印象など】

イングリッシュデージーは、原種のデージーで、大変丈夫です。イギリスなどでは雑草として繁殖するぐらいだそうです。

ほかのデージーと比較すると、花も小さく派手さはありませんが、清楚な花が好まれるためか園芸店などでも苗が売られています。「サカタのタネ」などでタネも売られていました。

栽培したところでは、他のデージーと同様タネから簡単に育てることができました。

なお、耐暑性が弱く、通常は一年草として扱われますが、学名から察せられるように、本来は宿根草ですので、植え場所を選べば、暖地でも夏を越すことができるかもわかりません。

【花の特徴と性質】

草丈

10p程度です。

花径2〜3pの小輪で、低温期には、すこしピンクが入ります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、暖地では、軒下に置いておけば冬でも花が咲き続けます。

学名の説明

Bellis・・・・・bellus(美しい)が語源のヒナギクのラテン名です。

perennis・・・・・「多年生の」

【主な種類と品種】

デージーの仲間はこちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月中旬〜10月ごろに箱播きして、覆土は1〜2mmほどにします。

発芽後、本葉が2〜3枚のころに、ポットや小鉢に植え替えて育苗します。

植え付け

本葉6〜7枚になって、ポットの底に根が回ってきたら花壇やプランターに定植します。寒さの厳しいところでは、春に定植します。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢やプランターに植える場合は、年内に花付きの苗が売られていますので、これを買って植えつけると早くから楽しむことができます。

イングリッシュデージーの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

15〜20pの間隔をとります。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も、日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

花がらや枯れた葉は早めにつみ取り、長く楽しめるようにします。

冬の管理

耐寒性が強く、関東以西の暖地では戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

肥料

花壇に植える場合は、植えつけ時に、緩効性の化成肥料を一握りほど与えます。窒素肥料を与えすぎると花つきが悪くなるので注意します。

プランターや鉢植えの場合は、つぼみが開き始めたら、1週間〜10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

あまり気になるような病害虫はありませんが、3〜4月にアブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。