トキワレンゲ Magnolia coco

トキワレンゲの花
写真 トキワレンゲ
撮影時期 2012.9.9
栽培状況 庭植え
科名・属名

モクレン科
モクレン属

園芸分類

常緑低木

別名

ココマグノリア
シラタマモクレン

原産地

中国広東省

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜11月

【トキワレンゲについて】

トキワレンゲ(常磐蓮華)は、モクレン科の常緑低木です。花の形から別名をシラタマモクレンといいますが、なかなか素敵なネーミングだと思います。

花は、さほど大きくなく、また、例えば同じ常緑のミヤマガンショウのように一斉に開花するということもありませんので、派手さはありませんが、写真のように丸い清楚な花はなかなか魅力があります。

栽培したところでは、成育がゆっくりですし、あまり場所を取りません。思い出したように花が咲くのもおもしろいと言えます。

【花の特徴と性質】

樹高

2mほどにはなるようですが、成長がゆっくりしています。ですから、鉢植えにも向いています。

株が小さいうちからでも、よく咲きます。花径4cmほどの丸い花で、モクレン科の花木にしては、やや小さい花です。一度に咲くということはなく、3月〜11月ごろまで、少しずつ咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり関東以西の暖かいところであれば庭植えが可能です。寒冷地では、鉢植えとなります。

学名の説明

Magnolia・・・・・フランスの植物学者 Pierre Magnol に因みます。

coco・・・・・「猿」

【主な種類と品種】

特にはありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

常緑の花木ですので、一般には春に植えつけます。

花壇に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢で育てる場合は、購入した鉢より一回りか二回り大きい鉢に植えつけます。用土は赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

トキワレンゲの花

鉢植えの用土

赤玉土、腐葉土(バーク堆肥)、パーライト(川砂)を2:1程度に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

耐陰性が強いので、花壇に植える場合は、半日陰でも十分に楽しむことができます。写真の株は、午前中2〜3時間日の当たるところに植えていますが、問題なく育っています。

鉢植えも、半日陰においても差し支えありません。

剪定

生育がゆっくりですので、剪定はあまり考えなくても大丈夫ですが、鉢植えなどで大きくなりすぎたときは、切り詰めます。

肥料

庭植えの場合は、植えつけ時に有機質肥料を与えます。2年目以降は、あまり多肥にする必要はありませんが、3月と9月ごろに油カスと骨粉を混ぜたものなどを株の周りに少し施しておきます。

鉢植えの場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、春と秋に固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。