ドロニカム Doronicum orientale

ドロニカムの花
写真 'レオナルド コンパクト'
撮影時期 2010.2.20
栽培状況 鉢植え(簡易フレームで栽培)
科名・属名

キク科
ドロニクム属

園芸分類

宿根草

別名

ドロニクム

原産地

ヨーロッパ

用途

鉢植え、庭植え

花期

4〜5月

【ドロニカムについて】

ドロニカムは、キク科ドロニクム属の宿根草です。ドロニカム属には何種類かあるようですが、園芸的にはドロニカム・オリエンターレが栽培されています。

ゴールデンイエローの花で、なかなかきれいですが、高温多湿にやや弱く、暖地では夏を越すのが厳しいと言えます。

栽培したところでは、夏を乗り切れるかどうかと思っていたところ、夏になると枯れてしまいました。暖地では一年草扱いすべきものかと思われます。写真は、たまたま、簡易フレームに入れていたので早く咲いたものですが、耐寒性はあります。

【花の特徴と性質】

草丈

ドロニカム属二は多くの種類があるようですが、写真の品種はコンパクトというように草丈は20〜30センチほどです。

花径5〜6センチのゴールデンイエローの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性は弱いようです。

学名の説明

Doronicum・・・・・アラビア語の dorūnaj から(元の意味は不明です。)

orientale・・・・・「東の」、「東方の」

【主な種類と品種】

出回っているのは、'レオナルド コンパクト'(‘Leonardo conpact')という品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植えもできますが、耐暑性が弱いということもあり、苗を購入して育てるなら何株も購入するというわけにもいかないので、鉢やプランターで育てるのに向いているように思われます。

秋か春先にポット苗で得られている場合が多いですが、こうした苗を購入したときは、一回りか二回りほど大きな鉢に植え付けます。

ドロニカムの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところを好みます。夏場は風通しのよい、半日陰になるところが適しています。

ただし、関東以西の暖地では、それでも夏越しは厳しいと言えます。

日常の管理

鉢土の表面が乾いてから、水やりをします。

冬の管理

耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。

肥料

植え付け時に緩効性の肥料を用土混ぜて植えつけます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、植え付け時は不要です。

後は、3月〜6月ごろに月に2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。