ツルハナナス Solanum jasminoides

ツルハナナスの花
写真 ツルハナナス
撮影時期 2000.6.18
撮影場所 野市町にて
科名・属名

ナス科
ナス属

つる性常緑低木

ソケイモドキ
ヤマホロシ

ブラジル

庭植え、鉢植え

6月

【ツルハナナスについて】

ツルハナナスは、ナス科の南米原産のツル性低木です。咲き始めは淡青紫ですがだんだん白くなっていきますので2色の花が咲いているように見えます。

つる性で、上の写真のように垣根などに絡まって咲いているのを見かけることがありますが、フェンスに這わせたり、アンドン仕立てにして育てます。

園芸店やホームセンターなどでは、ヤマホロシという名前で売られていることがありますが、これは間違いで、そういう名前の別の植物があります。

栽培したところでは、丈夫で育てやすく、寒さにも強いですが枝がよく伸びます。

【花の特徴と性質】

ツルハナナスの花

樹高

つる性で、3m近くになります。

花径2.5pで星形の花を房状に多数つけます。

咲き始めは淡青紫ですがだんだん白くなっていきます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性は比較的強く、関東以西の暖地では庭植えで冬を越します。

学名の説明

Solanum・・・・・solamen(安静)が語源ですが、この属に鎮痛作用を持つ種類があることに由来します。

jasminoides・・・・・「ジャスミンのような」

【主な種類と品種】

斑入りの品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

暖地では庭植えにしてフェンスや垣根に絡ませて花を楽しむことができますが、大きめの鉢を使えば鉢植えでも栽培できます。

春に園芸店やホームセンターなどに苗が出ていますので、これを買って植え付けます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ツルハナナスの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

鉢植えの場合は、根詰まりしやすいので毎年植え替えをします。時期は4月が適当です。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをするか、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

鉢植えの場合、過湿は嫌いますが、特に夏場の水切れに注意します。

やや寒さに弱いので、南や南西のフェンスや垣根などに誘引してやるとよい花が咲いてくれます。

春に古い枝や伸びすぎた枝を剪定してやります。

剪定

花後に、伸びすぎた枝や混みあった枝を切り詰めておきます。

冬の管理

関東以西の暖地では戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

挿し木が可能です。梅雨のころに、10cmほどの挿し穂をつくり、鹿沼土などに挿しておきます。

肥料

鉢植えの場合は、5〜10月ごろにかけて月に1回程度緩効性の固形肥料を置き肥します。庭植えの場合は、植えた年は、5月と9月ごろに緩効性の化成肥料を株元にまいておきますが、その後は、伸びすぎて困る場合は、無肥料でかまいません。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。