ミツバツツジ Rhododendron dilatatum

ミツバツツジの花
写真 トサノミツバツツジ
撮影時期 2015.4.11
撮影場所 香美市香北町「香北の自然公園」にて
科名・属名

ツツジ科
ツツジ属

園芸分類

落葉低木

別名

(特にありません)

原産地

日本

用途

庭植え

花期

4〜5月

【ミツバツツジについて】

ミツバツツジは、落葉性のツツジで、枝先に三枚の葉がつくことからこの名がついています。紅紫色の花が美しいので、比較的よく植えられています。

ミツバツツジは地方変種が多く、トウゴクミツバツツジ、サイゴクミツバツツジ、クマノミツバツツジ、トサノミツバツツジなどがあります。

栽培したところでは、2年ほど前に狭い庭に2本ほど植えましたが、比較的よく育っていますので、そのうち花が見えるのではと期待しています。

【花の特徴と性質】

樹高

1〜2mほどになります。

花茎3〜4pの紅紫色の花が株を覆うように咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性がありますが、寒冷地には向いてないのかもしれません。

【主な種類と品種】

ミツバツツジの仲間をご紹介します。

ミツバツツジ(基本種)
R. dilatatu

関東地方から近畿地方東部の主に太平洋側に自生しているミツバツツジです。

トサノミツバツツジ
R. decandrum

近畿、四国、九州に自生するミツバツツジで、花色は紫紅色です。葉が開く前に花が咲きます。牧野富太郎博士が高知県越知町の横倉山で最初に発見したことからその名が付いています。

トウゴクミツバツツジ
R. wadanum

関東の山地に多く自生しているミツバツツジです。

サイゴクミツバツツジ
R. nudipes

宮崎、熊本県の産地に自生するミツバツツジで、花と葉がほぼ同時に開いてきます。

クマノミツバツツジ

和歌山県や三重県の熊野灘に面した海岸地帯の岩場に自生しているミツバツツジです。

ワダノミツバツツジ

ミツバツツジの園芸種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

10月〜11月頃が植えつけの適期です。

花壇に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、支柱を立てておきます。なお、ポット苗を入手したときは、すぐ庭に植えるよりも、1年は鉢で育ててから庭に植えつけるほうが失敗がありません。

鉢に植える場合は、鹿沼土とバーク堆肥を7対3程度に混ぜた用土を使います。

ミツバツツジの花

植え場所

日当たりを好みますが、耐陰性があり半日陰でもよく花をつけます。

土質はあまり選びませんが、湿潤な土壌が適しています。これは、根が浅いため、乾燥気味のところでは枯れ込むことがあるためです。

日常の管理

鉢に植えた場合は、特に、夏の水切れに注意します。

剪定

自然に樹形をつくっていきますので、剪定はあまり必要としませんが、必要な場合は、花後に行います。

伸びすぎた枝を切り詰めたり、逆枝、立ち枝、下がり枝、平行枝、車枝などで特に目障りな枝を切り取って樹形を整えます。

肥料

春先と秋に油カスの固形肥料を置き肥する程度で十分です。

病気・害虫

グンバイムシやベニモンアオリンガが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。