ツルバギア Tulbaghia spp.

ツルバギアの花
写真 ツルバギア・フラグランス
撮影時期 2014.3.23
栽培状況 庭植え
科名・属名

ユリ科
ツルバキア属

春(秋)植え球根

(特にありません)

南アフリカ

庭植え、鉢植え

11〜8月

【ツルバキアについて】

ツルバキアはユリ科の春植え球根です。それほど派手な感じの花ではあリませんが、丈夫で毎年花が咲きます。

フラグランスとビオラセアがもっぱら栽培されていますが、暖地では、花壇に何年も植えっぱなしにできますので、宿根草に近い扱いで育てることができます。

栽培したところでは、植えっぱなしにできる手間のかからない球根です。フラグランスを植えて何年もち経ちましたが、しばらくしてから、まとまって咲きました。

【花の特徴と性質】

草丈

40pほどになります。

あまり派手ではありませんが、ビオラセアは、花の少ない夏に咲きます。花弁は6弁で、細い茎の先に15〜20輪の小さな花を咲かせます。また、フラグランスは11月頃から咲き始めて5月頃まで咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はやや弱く、暖地では露地で越冬しますが、寒地では鉢植えで霜よけをする必要があります。

学名の説明

Tulbaghia・・・・・18世紀の南アフリカ喜望峰のオランダ人提督 R.Tulbagh に因みます。

violacea・・・・・「すみれ色の」

fragrans・・・・・「香りのよい」、「よい香りのする」

【主な種類と品種】

ビオラセア
T. violacea

草丈30〜40pほどで、茎の先に15〜20輪の花をつけます。開花期は5〜8月です。(写真下)

フラグランス
T. fragrans

草丈40〜50pほどで、良い香りを持っています。花期が長く年末からぼつぼつ咲き始め、5月ごろまで咲いています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ビオラセア、フラグランスとも4月中旬〜5月に植え付けます。関東以西の暖地であれば9月中旬〜10月中ごろに植えつけても差し支えありません。どちらも比較的耐寒性がありますので、暖地では、庭植えができます。

花壇に植えるときは、植えつけ前に苦土石灰を撒いて耕しておきます。1週間ほどして、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)と化成肥料を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

ツルバギア・ビオラセアの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

株間

庭植えの場合は、20pほどでしょうか。鉢植えは5号鉢に1〜2球とします。

植え替え

ビオラセア、フラグランスとも植えっぱなしでよく育ちます。フラグランスを10年近く庭に植えっぱなしにしていましたが、それほど生育が悪くなるということはありません。

とはいえ、あまりに混みあって来たら、4月中旬〜5月又は9月中旬〜10月中旬に株分けを兼ねて植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合も、株が混みあってきたら、株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

花の終わった花茎は、早めに切り取っておきます。

冬の管理

暖地の場合は、花壇に植えたものも霜除けなどをしなくても冬を越します。

鉢やプランターは、霜の当たらない軒下に移したほうが安全です。水やりは、少な目にします。

ふやし方

植え替えの時に株分けをしてふやすことができます。

掘り上げたら、株分けして、間をおかずに別の場所に植えつけます。株分けする際は、あまり細かく分けずに、少なくても3〜4芽ごとに分けます。

肥料

花壇に植えた場合は、春と秋に緩効性の化成肥料を与えます。

鉢やプランターに植えた場合は、元肥のほかに5〜10月ごろまで月に1回程度置き肥をします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。