大輪トキソウ Pleione formosana

大輪トキソウの花
写真 大輪トキソウ
撮影時期 2006.5.3
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ラン科
プレイオネ属

園芸分類

宿根草

別名

特にありません。

原産地

台湾、中国

用途

鉢植え

花期

4〜5月

【タイリントキソウについて】

タイリントキソウは、「トキソウ」という名前は付いていますが、トキソウとは全くの別種です。小型のラン科の植物で、花がとても美しいので昔から人気があります。

まとめて植え込むと、一段と見栄えがします。また、以外と丈夫ですので、適度に肥培管理すれば、まず枯れることなく毎年花を楽しむことができます。ただし、タイリントキソウとその交配種以外のプレイオネ属には、栽培が難しいものがありますので、確認して購入するようにします。

栽培したところでは、思いのほか丈夫で育てやすく、栽培は難しくありません。

【花の特徴と性質】

草丈

花が終わると葉が展開しますが、15p程度になります。

紅紫のとても美しい花を咲かせます。5弁の花で、唇弁には切れ込みがあってフリルのようです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありません。

学名の説明

Pleione・・・・・ギリシャ神話の Pleione(アトラスの妻)に由来します。

formosana・・・・・「台湾の」

【主な種類と品種】

タイリントキソウ

紅紫の品種の他白花もあります。

キバナタイリントキソウ

黄色の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ほとんどの種苗会社のカタログに載っていますので、これを購入して植えつけます。小型のラン科の植物ですので、通常は鉢植えで育てます。

深植えは避け、半分から三分の二ほどバルブが見える程度の浅植にし、新芽が伸びる方向にスペースを確保しておきます。

鉢植えの用土

水苔あるいは鹿沼土と赤玉土を等量混ぜた用土を使います。私は、鹿沼土を主体にした用土に植え付けていますが、問題なく育っています。

大輪トキソウの花

株間

5〜6cmほどの間隔で植えつけます。4号鉢に3〜4球が目安です。

植え替え

毎年、2〜3月に植え替えます。植え替えのときに、古いバルブを取り除いて分球して植えつけます。

置き場所

植えつけから開花期までは、日当たりのよい室内など暖かいところで育てます。開花後から梅雨入りする頃までは、戸外の日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

生育期間中の乾燥を嫌いますので、水切れさせないように注意します。

花後に親バルブの側面から新しい葉が伸びて、その根元に新しいバルブができます。翌年も花を咲かせるためには、このバルブを十分に太らせる必要があります。

夏の管理

夏の間は、日陰の涼しいところで育てます。特に、真夏は明るい日陰に置いて育てます。

休眠期の管理

葉の色が変わり始めたら、徐々に水やりを減らしていきます。葉が枯れると休眠期に入りますが、掘り上げずに、そのまま春の植え替え時まで保管したほうが管理が楽です。

冬の管理

雨が当たらず、凍らないところで保管し、水やりは中止します。

ふやし方

植え替えのときに、分球して増やすことができます。

肥料

毎年花を楽しむには肥培管理が欠かせません。花後と秋に有機質肥料を置き肥し、生育期間中は2週間に1回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

ナメクジの食害に注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。