タツナミソウ Scutellaria indica

タツナミソウの花
写真 タツナミソウ
撮影時期 2007.4.8
栽培状況 庭植え
科名・属名

シソ科
タツナミソウ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

スイモノグサ

原産地

本州〜九州

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【タツナミソウについて】

タツナミソウは、スクテラリアの仲間です。本来山野草ですが、花が美しく、そのうえ大変丈夫ですので、よく栽培されます。また、ひとりでに増えるのもうれしいものです。

「立浪草」と書きますが、その由来は、花の様子が次々と寄せてはくだける波を連想させるところからきています。なかなか粋なネーミングだと思います。

【花の特徴と性質】

タツナミソウの花

草丈

草丈は低く、15〜20pほどです。

花が同じ方向に並んだ花穂が特徴です。花色はピンク、白、藤色などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く、育てやすい宿根草です。

学名の説明

Scutellaria・・・・・scutella(盃)に由来します。

indica・・・・・「インドの」

【主な種類と品種】

紫、ピンク、白の各色が出ています。また、タツナミソウの仲間で他に栽培されるものとしては、葉がシソの葉に似るシソバタツナミなどがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

丈夫ですので庭植えもできますし、コンパクトな宿根草ですので鉢や小型のプランターで育てるのにも向いています。

植え付けは、春は2〜3月、秋は9月下旬〜10月中旬ごろが適期です。

タツナミソウの花

鉢植えの用土

それほど用土は選びませんが、赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を4:4:2程度に混ぜた用土などに植え付けます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、水はけのよいところであれば、日当たりから半日陰まで植えつけできます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てますが、夏場は、半日陰に移します。。

植え替え

鉢植えの場合は、毎年、新しい用土で植え替えます。

日常の管理

鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いたら十分に水やりをします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越します。鉢植えの場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に、株分けで増やすことができます。

肥料

鉢植えの場合は3月ごろと花後に置き肥をしますが、量は少な目でかまいません。庭植えの場合は、不要です。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。