タイサンボク Magnolia grandiflora

タイサンボクの花
写真 タイサンボク
撮影時期 2007.6.2
栽培状況 庭植え
科名・属名

モクレン科
モクレン属

園芸分類

常緑広葉高木

別名

ハクレンボク、
グラントギョクラン

原産地

北アメリカ

用途

庭植え

花期

6月

【タイサンボクについて】

タイサンボクは、モクレン科の常緑広葉高木で、とても大きくなります。名前の由来が、大きな樹形が大山のように見えるところからだと言われているのも頷けます。

昔、植木市で買ったタイサンボクを庭に植えたところ、予想以上に大きくなりすぎて、切らざるを得ませんでした。やはり個人の庭では厳しいかと思われます。

その代わりに、矮性の‘リトルジェム’を植えています。栽培したところでは、成育がゆっくりで、小さいうちから花が咲いてくれます。

【花の特徴と性質】

樹高

その名のとおり、樹高が20m近くになります。‘リトルジェム’は放任すると3〜5mほどになりますが、剪定をすれば樹高を抑えられます。

花径15pほどの白い大きな花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性が強く耐寒性も比較的強いので、東北南部以南で栽培可能といわれています。

学名の説明

Magnolia・・・・・・フランスの植物学者 Pierre Magnol への献名

grandiflora・・・・・「大きい花の」

【主な種類と品種】

タイサンボクの品種を紹介します。

‘リトルジェム’
M. grandiflora cv.Little Gem

花はタイサンボクよりも小さいですが、コンパクトな樹形になり、庭植えに向いた品種です。(写真:下)

ホソバタイサンボク
M. grandiflora‘Exmouth’

葉の細い変種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

4月が植えつけの適期です。苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

‘リトルジェム’は、成育はゆっくりですが、それでもだんだんと大きくなってきますので、鉢植えでは厳しいと思われます。

タイサンボクの花

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

剪定

樹形は自然に整っていきますので、スペースがあれば剪定は必要ありません。

また、普通種は、木が大きくなりすぎて剪定自体ができなくなります。

矮性種でも、大きくなりすぎた場合は、剪定をせざるを得ませんが、花後すぐに行います。遅くなると花芽を切ることになります

肥料

ほとんど必要としません。以前に植えてあったところも決して肥沃とは言えませんでしたが、無肥料でどんどん大きくなって毎年花が咲いていました。

肥料を与えるとすれば、2月頃に有機質肥料と化成肥料を等量にしたものを与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。