セイヨウナツユキソウ(西洋夏雪草) Filipendula ulmaria

セイヨウナツユキソウの花
写真 セイヨウナツユキソウ
撮影時期 2005.6.4
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
シモツケソウ属

園芸分類

宿根草

別名

メドウスイート

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え

花期

6〜7月

【セイヨウナツユキソウについて】

セイヨウナツユキソウは、ヨーロッパ原産の宿根草でメドスイートとも呼ばれます。キョウガノコロクベンシモツケの仲間です。

強健とされていますが、耐暑性はそれほど強くないように思われます。ボリュームのある乳白色の花が球状に咲きます。落ち着いた感じの花で、茶花にも使われているようです。

【花の特徴と性質】

草丈

80pほどになります。

長い花茎が伸びて乳白色の花が玉状に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性はあまり強くありません。

学名の説明

Filipendula・・・・・ filum(糸)+ pendulus(吊り下がった)が語源です。

ulmaria・・・・・「ニレのような」

【主な種類と品種】

基本種のほかに、黄金葉の品種‘オーレア’や斑入り場の品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植えもできますが、鉢やプランターで育てるのにも向いています。植え付けは、秋でも、春でもかまいません。

セイヨウナツユキソウの花

鉢植えの用土

鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)を等量にした用土に植えていますが、よく育っています。

植え場所・置き場所

日当たりを好みますが、関東以西の暖地で育てる場合は、落葉樹の下など半日陰になるところに植えつけます。

鉢やプランターで育てている場合も、6月〜9月は半日陰に置きますが、真夏は、風通しのよい明るい日陰が適しています。そういう環境がつくれない場合は、遮光ネットを利用します。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回は植え替えをします。

庭に植えたときは、株が混みあってきたら株分けを兼ねて植え替えをします。時期は、春でも秋でもかまいません。

日常の管理

鉢やプランターで育てている場合は、水切れさせないようにしますが、逆に過湿にならないようにします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

ふやし方

株分けで増やすことができます。

肥料

春と秋に緩効性の肥料を与えます。

病気・害虫

ウドンコ病に注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。