セイヨウニンジンボク Vitex agnus-castus

セイヨウニンジンボクの花
写真 セイヨウニンジンボク
撮影時期 2012.7.1
栽培状況 庭植え
科名・属名

クマツズラ科
ハマゴウ属

園芸分類

落葉低木

別名

チェストツリー、
バイテックス

原産地

地中海〜西アジア

用途

庭植え

花期

7〜9月

【セイヨウニンジンボクについて】

ニンジンボクは中国原産で、葉の形がチョウセンニンジンに似るので、この名が付けられていますが、セイヨウニンジンボクは花がずっと美しいので、花木として人気があります。

また、古くからホルモンのバランスを整えるハーブとして活用されてきました。

栽培したところでは、非常に生育が旺盛で、あっという間に大きくなりました。一度、冬に、地際近くまで思い切って強剪定をしましたが、そのうちに元の大きさに戻りました。

【花の特徴と性質】

樹高

2〜3mほどになります。全株に香りがあります。

花茎の先端に小さな花が集まって10pほど円錐状になって咲きます。花色は淡紫や白花があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く露地で越冬できます。

学名の説明

Vitex・・・・・viere(結ぶ)から出た植物名に由来します。

agnus-castus・・・・・ 貞操という意味があります。

【主な種類と品種】

「サカタのタネ」からブルーとシルバースパイヤーの2種類の品種がでていました。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常は、春に鉢植えの苗木が売られていますので、これを買って植えつけますが、秋に植えても差し支えありません。非常に生育がよく、枝もよく伸びますので、鉢植えには不向きです。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

セイヨウニンジンボクの花

植え場所

日当たりのよいところに植えつけます。枝がよく伸びますので、剪定をするにしても広めのスペースが必要です。

剪定

樹形そのものはそれほど乱れませんので、スペースに余裕があれば、冬場に、伸びすぎた枝を切り詰めたり、特に目障りな枝を切り取って樹形を整える程度にします。

スペースが十分ないときは、冬期に強剪定をして樹形をコンパクトにして育てます。思い切って剪定しても、問題はありません。

肥料

生育が旺盛なので、肥料はそれほど与える必要はありません。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。