トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

キバナセンニチコウ Gomphrena haageana

キバナセンニチコウの花
写真 キバナセンニチコウ
撮影時期 2006.8.24
栽培状況 春まき後、庭植え
科名・属名

ヒユ科
センニチコウ属

園芸分類

春まき一年草

別名

アメリカセンニチコウ

原産地

テキサス州〜メキシコ

用途

庭植え、鉢植え

6〜11月

【花の印象など】

キバナセンニチコウは、センニチコウの中のハーゲアナ系で、葉が細長く花径が長いところに特徴があります。センニチコウと同じように、花持ちがよいので、切花や秋のお彼岸のお供え用として重宝されます。ドライフラワーとしても利用できます。

真夏も咲き続けるので、夏の花壇には貴重な草花です。また、花期が長く11月下旬まで花が楽しめます。まとめて植えると一段と見栄えがします。

栽培したところでは、センニチコウと同様、育苗も簡単で、病害虫もほとんどなくとても育てやすかったです。

【花の特徴と性質】

の花

草丈

一般的にセンニチコウより草丈が高く、50〜60pほどになります。また、分枝が少ない点も特徴のひとつです。

元々は黄橙色の花ですが、品種改良により、橙色、紅色、桃赤色などの品種があります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強く、真夏も咲き続けるので、夏の花壇には貴重な草花です。

【主な種類と品種】

ストロベリー・フィールド

鮮紅色のハーゲアナ系の代表種です。

クイズカーマイン

赤のバイカラー種

ラズベリーフィールド

ラズベリーのようなカーマインローズの花です。(写真中)

【育て方と栽培のポイント】

栽培はセンニチコウと同様で、タネを播いて簡単につくれます。

タネ播き

発芽適温が高いので、タネは4中旬〜5月に箱播きにし、タネが隠れる程度に覆土をします。覆土が少しくらい厚めになっても特に問題はありません。

発芽後、本葉が3〜4枚になったところで3号のポットに植え替え、薄めの液肥を与えながら苗を育てます。

植え付け

本葉が6〜7枚になったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、1u当たりバーク堆肥10L、牛糞堆肥3Kg、化成肥料30gほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

キバナセンニチコウの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土でよく育ちます。

株間

20p程度とします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

鉢やプランターで育てるときは、水切れにならないよう注意します。特に夏場は注意します。

花壇に植えた場合は、晴天が続いて地面が乾燥したときは水やりをします。

肥料

花壇に植える場合は、植えつけ時の施肥のほか、月に1回程度追肥をします。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、花期が長いので1か月に1回程度、株元に置き肥をします。

病気・害虫

それほど大きな被害を与えるものはありません

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。