スイショウラン Liriope spicata

スイショウランの花
写真 スイショウラン
撮影時期 2015.8.4
栽培状況 庭植え
科名・属名

ユリ科
ヤブラン属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

斑入りコヤブラン
スノードラゴン

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

7月〜8月

【スイショウランについて】

スイショウラン(水晶蘭)は、斑入りコヤブランとも呼ばれます。同じヤブラン属ですが 斑入りのヤブランよりは小型で、学名からもわかるようにヤブランの斑入り品種そのものとは異なります。

写真は、「サカタのタネ」で購入したものですが、海外のサイトを見ると、‘シルバードラゴン’ という品種名が付いていました。葉に白い筋が入って、夏でも涼しげな印象を与えます。また、夏に咲く白い花も美しいものです。

栽培したところでは、耐寒性、耐暑性があって、丈夫で、育てやすいものです。

【花の特徴と性質】

草丈

ヤブランよりは小型で、20cmほどになります。

スズランのような小さな花がたくさん咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Liriope・・・・・ギリシャ語の leirion(ユリ)+ opsis(・・・に似た)が語源です。

spicata・・・・・「穂状の」、「穂のある」

【主な種類と品種】

ヤブランは、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

株分けを兼て、3月又は10月頃に植えつけます。鉢植え、庭植えのどちらにも向いています。

鉢植えの用土は、赤玉土とバーク堆肥を7対3程度にして植えていますが、問題なく育っています。

花壇に植えるときは、20cmほど植え穴を掘り、掘り出した土に3割程度の堆肥を入れて、よく混ぜてから植えつけます。

スイショウランの花

植え場所・置き場所

花壇に植えつけるときは、日陰から半日陰になるところに植えつけます。鉢植えも、日陰から半日陰に置いて育てます。

植え替え

株が大きくなってきたら、株分けを兼て植え替えをします。適期は3月と10月です。

鉢植えも、2〜3年たったら、株分けを兼て植え替えをします。

冬の管理

耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。

肥料

庭植えの場合は、特に必要ないと思います。鉢植えの場合は、3月と10月に固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。