スファラルシア Sphaeralcea ambigua

スファラルシアの花
写真 ’パールピンク’
撮影時期 2015.4.26
栽培状況 庭植え
科名・属名

アオイ科
スファラルシア属

園芸分類

宿根草

別名

スファラルセア

原産地

北アメリカ

用途

鉢植え、庭植え

花期

4月〜11月

【スファラルシアについて】

スファラルシアは、アオイ科の宿根草です。種苗会社のカタログに顔を出すことも少なく、栽培される機会は多くありませんが、「おぎはら植物園」のカタログに載っていたので購入しました。

アオイ科の植物としては、花は小輪ですが、あまり上には伸びず、横に広がっていきます。

栽培したところでは、耐寒性、耐暑性もあり育てやすかったです。植えて3年目になると枝がどんどんと伸びて、広いスペースを占めてしまいました。

【花の特徴と性質】

スファラルシアの花

草丈

30〜60cmほどになります。葉色はシルバーがかっています。

アオイ科の植物としては花は小さく、花径2cmほどです。花色は、レッドやピンク、淡いブルーなどがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり、庭植えができます。

学名の説明

Sphaeralcea・・・・・ギリシャ語の sphere(球)+ alkea(アオイ科の植物)が語源です。

ambigua・・・・・「あいまいな」、「不明瞭な」

【主な種類と品種】

コクシネア

赤い花が咲きます。

ホープレイズラベンダー

淡いブルーの花です。

パールピンク

アプリコットの入ったピンクの花です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春又は秋に植えつけます。枝が相当広く伸びますので、鉢植えにする場合は、丸型で径の大きなプランターが向いています。

花壇に植えつけるときは、堆肥を入れて庭土とよく混ぜてから植えつけます。

植え場所

スファラルシアの花

日当たりと水はけがよいところであれば、土質は特に選びません。プランターも日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

枝がよく伸びますので、伸びすぎた枝は適宜切り戻しをします。また、花後に、全体を切り詰めておきます。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

冬の管理

冬がきたら、全体を半分以下に切り戻しておきます。

耐寒性が強いので、戸外で冬を越しますが、プランターは軒下に移し水やりは少なくします。

肥料

花壇に植えた場合は、それほど肥料は必要ありません。プランターに植えたときは、花期が長いので液肥を定期的に与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。