スピロキシネ Spiloxene spp.

スピロキシネの花
写真 スピロキシネ・カナリキュラータ
撮影時期 2007.3.18
栽培状況 鉢植え
科名・属名

コキンバイザサ科
スピロキシネ属

園芸分類

秋植え球根

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【スピロキシネについて】

スピロキシネは、南アフリカ原産の秋植え球根で、ロードヒポキシスの近縁に当たります。あまり栽培されることがないですが、星形の花はなかなか魅力があります。

白花のスピロキシネがよく栽培されますが、橙色の大輪のカナリキュラータもあります。

栽培したところでは、栽培自体はそれほど難しくはないと思うのですが、なかなか一斉に咲くということがないので、ややインパクトに欠けると言えなくもありません。

【花の特徴と性質】

草丈

15〜25p程度です。

花径6pほどの細い星形の花です。花色は白と黄などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はフリージア程度とされています。

学名の説明

Spiloxene・・・・・ギリシャ語の spilos (しみ)+ xenos (奇妙な、変な、ホスト)
※ この属のくつかの種に、花被片の基に斑点があることに由来します。

capensis・・・・・南アフリカの「ケープ地方の」

canaliculata・・・・・「小管の」、「細管の

【主な種類と品種】

カペンシス
S. capensis

最も代表的なもので、白花で中心に黒目が入ります。(写真下)

カペンシス・イエロー
S. capensis

カペンシスの濃い黄色の花です。

カナリキュラータ
S. canaliculata

橙色の大輪の花です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性がそれほど強くないので一般には鉢植えで育てます。また、小さな草姿ですので、鉢植え向きでもあります。植え付けの適期は、10月上旬〜11月中旬ごろです。

鉢植えの用土

市販の球根用培養土で差し支えありません。私は、鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥を4:4:2程度に混ぜた用土に植えていますが、問題なく育っています。

スピロキシネの花

植え付けの深さ

球根の上に3cmほど土が被る程度にします。

株間

5号鉢に5球程度が目安です。

置き場所

生育期間中は、日当たりの良いところで育てます。日当たりが悪いと花が咲きません。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、毎年植え替えます。

日常の管理

生育期間中は、やや乾燥気味にします。

冬の管理

秋に球根を植えつけると、すぐに葉が伸びてきます。この状態で霜に当たると傷みますので、関東以西の暖地であれば霜の当たらない軒下に置きます。強い霜が予想されるときは室内に入れた方が安心です。

休眠期の管理

6月になって葉が枯れ始めたら水やりを止め、雨のかからない日陰に移します。掘り上げてもいいですし、鉢に植えたまま秋まで保管してもかまいません。

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、分球しているものは球根を分けてネットの袋などに入れて、秋の植え付け時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

ふやし方

分球して増やすことができます。

肥料

植え付け時に緩効性肥料と、花後に液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。