スパティフィラム Spathiphyllum floribundum

スパティフィラムの花
写真 スパティフィラム
撮影時期 2009.7.18
栽培状況 鉢植え
科名・属名

サトイモ科
スパティフィラム属

園芸分類

常緑多年草

別名

(特にないようです)

原産地

熱帯アメリカ

用途

鉢植え

花期

【スパティフィラムについて】

スパティフィラムの花は、ミズバショウに似ていますが、こちらは熱帯産で、熱帯アメリカとマレーシアなどに36種ほどが自生しています。園芸店などで見かけるのは、多くはF. floribundum種の園芸品種です。

純白の花が夏の間よく咲き続けますし、艶のある濃緑の葉とあいまって人気があります。

栽培したところでは、耐寒性がありませんが、それを除けば育てやすいと言えます。特に熱帯生まれですが、直射日光を嫌うので、まちがって葉焼けさせないように注意します。

【花の特徴と性質】

草丈

50pほどです。

花のように見えるのは苞です。清楚な感じで甘い香りがします。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がありませんが普通の室内なら問題ありません。

学名の説明

Spathiphyllum・・・・・「へら形の葉」、「さじ形の葉」

floribundum・・・・・「花の多い」

【主な種類と品種】

‘メリー’あるいは‘センセーション’という品種が一般的ですが、花はいずれも白です。また、最近、コンパクトな‘ミニメリー’という品種も見かけます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどで初夏には売られていたように思います。通常は、これを買って育てます。

購入した株の鉢が小さいときは、根詰まりをしますので大きめの鉢に植え付けます。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜた用土などを使います。

スパティフィラムの花

置き場所

直射光では日焼けするので、半日陰に置くようにします。

特に夏は、明るい日陰に置いて直射光を避けるようにします。あまり暗いところに置くと花が咲きません。

植え替え

根の生育がよいのでできれば毎年植え替えます。時期は5〜6月頃が適期です。

日常の管理

水分が好きな植物ですから、乾燥させ過ぎないように注意します。特に真夏は乾きが早いので注意します。

白い苞が変色し始めたら基から切り取ります。

冬の管理

室内の明るい場所に置きます。水やりは控え、乾燥気味に管理します。

ふやし方

植え替えのときに、株分けをして増やすことができます。

肥料

生育期間中に緩効性肥料を2月に1回置肥するか、液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

カイガラムシが付くことがあります。また、ナメクジには専用の駆除剤を使います。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。