トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

スイレン(睡蓮) Nymphaea hybrida

スイレンの花
写真 スイレン
撮影時期 2003.6.4
撮影場所 高知市城西公園にて
科名・属名

スイレン科
スイレン属

園芸分類

水草(宿根草)

別名

ウォーターリリー

原産地

世界の熱帯及び温帯地方

用途

池、水槽、睡蓮鉢

花期

5〜10月

【スイレンについて】

スイレンという名前の由来について考えたこともありませんでしたが、郷土の田宮寅彦先生も、「睡蓮の花は昔から知っている。しかし、この花が朝開いて、午後には眠るということは、今年自分の家で作ってみて始めて知った。」と書き残されています。

ご存じのとおり、ハスと並んで水生植物の代表で、大きくは、耐寒性種と熱帯性種に分けられます。

【花の特徴と性質】

スイレンの花

草丈

草丈という表現はおかしいですが、一般的には水深が30〜40pほどが一般的です。大きくは、耐寒性種と熱帯性種に分けられます。

大輪から小輪までサイズはいろいろあり、栽培環境に応じて選ぶことができます。花色は白、黄、ピンク、赤などですが、熱帯性スイレンには青や紫の花もあります。

耐寒性・耐暑性

熱帯性スイレンは、冬、室内で水温10度を保てば越冬できます。

ただし、なかなかそういう環境はつくれませんので、一般的には、耐寒性のスイレンを栽培します。

【主な種類と品種】

ここでは、耐寒性種について、種苗会社のカタログに掲載されていたものを紹介します。

アトラクション

赤花の代表的品種で、花心が黄色の大輪種です。

ローズアレー

ローズピンクの花色で、花心は橙黄色の大輪種です。

サルフェリア

黄色の大輪強健種です。

プリシマ

白色の大輪種です。

ピグミア・ライラシア

耐寒性の姫スイレンです。桃紅色の小輪花です。この他に、黄色の花を咲かせるピグミア・ヘルボラがあります。

【育て方と栽培のポイント】

スイレンの花

植え付け

球根の植えつけは、3月下旬から4月上旬です。

池などが最適ですが、個人ではそういうわけにいきません。そこで、スイレン鉢などで栽培することになります。8号鉢程度の大きさの鉢に、田土と肥料を入れ、これに植えつけて水中に沈めます。

置き場所

日当たりが悪いと花付きが悪くなりますので、睡蓮鉢などは日当たりの良いところに置きます。

日常の管理

真夏は水温が高くなるので、毎日新しい水を足してやります。また、密生しすぎたり、葉が茂りすぎると花つきが悪くなりますので、株分けをするか、葉を切り取ってやります。

肥料

植え付け時に、有機質の肥料を元肥として与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。