スモークツリー Cotinus coggygria

スモークツリーの花
写真 ‘リトルルビー'
撮影時期 2016.6.22
栽培状況 庭植え
科名・属名

ウルシ科
コティヌス属

園芸分類

落葉低木

別名

カスミノキ
ケムリノキ
ハグマノキ

原産地

中国、ヨーロッパ

用途

庭植え

花期

6〜7月

【スモークツリーについて】

スモークツリーは、ウルシ科の落葉低木です。花後の独特の姿がとても印象的な木で、植栽も増えてきています。最近は矮性のものが出てくるなど品種も増えてきています。

下の写真は、芸西村の国道沿いで目にしたので写したものです。出荷用に栽培されていたものですが、ちょうど満開になっていました。

栽培したところでは、思っていた以上に早く木が大きくなってしまいましたので、毎年の剪定が欠かせなくなっていますが、個性的な花木で、花時は存在感があります。

【花の特徴と性質】

スモークツリーの花

樹高

高さは3〜5mほどになり、よく枝分かれするので、剪定をすることによって全体的にまとまった樹型になります。

樹高が低い矮性種も出ていますが、矮性種でも枝の伸びは旺盛です。

花自体はあまり目立ちませんが、この木の特徴は、花の散った後に、花柄にふわふわした毛のようなものが伸びてくるところにあります。

それがちょうど煙のように見えるので、「スモークツリー(ケムリの木)」という名前がついています。

色は、白のほか、最近はピンクやワインレッドの品種も出回っています。

耐寒性・耐暑性

暑さや寒さに強い花木です。

学名の説明

Cotinus・・・・・ギリシャ語のグミ(Oleaster)からの転用です。

coggygria・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

リトルルビー

スモークツリーとしては矮性の品種とされていますが、それでも枝はよく伸びます。花糸はワインレッドで株を覆うように咲きます。

ピンクファー

若木から花を付ける新種です。

ヤングレディ

樹高1.2〜1.5mと矮性で、花糸は白色で、弁外が淡桃色の花を咲かせます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けは12月〜3月上旬が適期です。生育が旺盛で木が大きくなりますので、鉢植えには向いていません。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

スモークツリーの花

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

日常の管理

乾燥した土地を好みますので、地植えの場合は植えつけ直後を除いて、よほどの日照りが続かない限り、水やりを行う必要はほとんどありません。

剪定

枝がよく伸びますので、樹形を整えるとともに、風通しを良くしたり混み合った部分を整理して日光がよく通るようにするため、毎年の剪定は欠かせません。

剪定の時期は、落葉時の12〜2月ごろが適期です。その時には、花芽ができていますので、強剪定は避けるようにします。ただし、大きくなりすぎた場合は、1年花をあきらめ思い切って強剪定をします。

肥料

生育が旺盛な花木ですので、肥料は控えめにします。私は、全く肥料をやっていませんが、それでも生育は旺盛です。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。