スパラキシス Sparaxis spp.

スパラキシスの花
写真 トリカラーミックス
撮影時期 2013.4.3
栽培状況 庭植え(冬は農ポリで霜除け)
科名・属名

アヤメ科
スパラキシス属

園芸分類

秋植え球根

別名

スイセンアヤメ

原産地

南アフリカケープ地方

用途

鉢植え、庭植え

花期

3月〜4月

【スパラキシスについて】

スパラキシスは、南アフリカ原産の秋植え球根です。通常、単独の品種が売られていることはなく、花色を混合したものが販売されています。いずれも、派手な色彩の花が咲くので、花壇の中でもよく目立ちます。

栽培したところでは、半耐寒性ですので寒さに多少弱いですが、農ポリでトンネルをして栽培したところよく咲いてくれました。今だと、不織布を使った方がよいとは思います。

【花の特徴と性質】

スパラキシスの花

草丈

草丈は、30p〜40pほどになります。

春真っ盛りに、径4pほどのきれいな花を咲かせます。

色は、朱橙色、緋紅色、赤、クリーム色、白、ピンク等があり、通信販売では、各色の混合でよく売られています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がやや弱いので、霜に当てないようにします。

学名の説明

Sparaxis・・・・・ギリシャ語の sparasso(引き裂く、破る)が語源です。

tricolor・・・・・「三色の」

grandiflora・・・・・「大きい花の」

hybrida・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

トリカラー
S. tricolor

草丈が25cmほどでも非常に派手な色彩の花です。‘セクセルシア'や‘ミックスドカラー'などの品種があります。

グランディフローラ
S. grandiflora

トリカラーよりは草丈が高く、白花が基本のようですが紅色や紫の花色があります。

園芸交配種
S. hybrida

トリカラーとグランディフローラとの交配種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

10月上旬〜下旬に花壇やプランターなどに植えつけます。やや耐寒性が弱いので鉢やプランターで育てる場合が多いですが、関東以西の暖地では、霜除けをすれば花壇で栽培できます。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、市販の球根用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

スパラキシスの花

植え付けの深さ

花壇に植える場合は5cm、鉢やプランターの場合は3cmほど土が被る深さにします。

株間

庭植えの場合は、球根が3個入るだけの間隔で植えつけます。鉢植えの場合は、6号鉢で7〜8球を目安とします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

植え替え

花壇に植えた場合は、2〜3年は植えっぱなしにできます。3年ほど経過したら植え替えます。

鉢やプランターで育てた場合は、毎年、植え替えます。

日常の管理

鉢やプランターで育てる場合は、暖かくなって来たら水切れさせないようにします。花が終わったら水やりは控えめにし、葉が黄色くなってきたら水やりを中止します。

タネをとる場合を除き、花が終わったら花茎を早めに切り取っておきます。

冬の管理

霜に当たると傷んでしまいますので、暖地でも花壇に植えた場合は、霜除けをする必要があります。寒さが厳しくなって来たら不織布を掛けるか農ポリでトンネルをします。

鉢やプランターは、軒下など霜の当たらないところに移し、水やりは控えめにします

休眠期の管理

5月ごろには葉が枯れてきて休眠期に入ります。植え替えを予定しているときは、葉が枯れてきたら球根を掘り上げます。掘り上げる時期を失したときは、10月ごろに掘り上げて、すぐに植え付けてます。

鉢やプランターの場合は、掘り上げずに、そのまま、雨のかからない日陰に置いて秋の植え替え時まで保管しても差し支えありません。水やりは不要です

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、分球しているものは球根を分けてネットの袋などに入れて、植えつけ時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

スパラキシスの花

ふやし方

分球して増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、植え込み時に、化成肥料を1u当たり50gほど入れて庭土とよく混ぜておきます。追肥はほとんど必要ありません。

鉢やプランターの場合は、植えつけ時に緩効性肥料を与え、暖かくなったら液肥を月2回程度与えます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。また、水はけが悪いと白絹病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。