ストレプトカーパス Streptocarpus x hybridus

ストレプトカーパスの花
写真 ストレプトカーパス
撮影時期 2006.4.10
栽培状況 鉢植え
科名・属名

イワタバコ科
ストレプトカーパス属

園芸分類

非耐寒性宿根草

別名

ヒメギリソウ
ケープ・プリムローズ

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

4〜10月

【ストレプトカーパスについて】

ストレプトカーパスは、南アフリカが原産のイワタバコ科の宿根草です。ヒメギリソウという和名がありますが、もっばらストレプトカーパスと呼ばれています。園芸種の多くは、無茎タイプはレキシー種(S. rexii)、有茎タイプはサクソルム種(S. saxorum)が基になっています。

きれいな花を咲かせてくれますが、同じ科のグロキシニアと同様、環境適応力が弱く、夏場の直射日光を嫌います。

栽培したところでは、タネが手に入りましたので播いてみたところ、発芽はしましたが生育がとてもゆっくりで、思うような結果は残せませんでした。やはり、苗を買って育てた方が早道のようです。

【花の特徴と性質】

ストレプトカーパスの花

草丈

有茎タイプの品種もありますが、一般に売られているのは、葉がロゼット状に展開する品種で、茎が立ち上がることはありません。

写真のように、株の基から花茎を数本伸ばして一重の花を横向きに咲かせます。花色は、白、ピンク、赤、青、紫と多彩です。

花径は大輪で5〜7pほどのものを多く見かけますが、2〜3pの小輪のものもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありません。できれば10度、最低でも6〜7度くらいは必要です。また、暑さにも弱く、夏の直射日光を嫌います。逆に言うと、室内の栽培に向いた鉢花とも言えます。

学名の説明

Streptocarpus・・・・・ギリシャ語の strepto(ねじれた)+ carpos(果実)が語源です。
※ 果実が熟するにつれてねじれてくることに由来しています。

rexii・・・・・(※ 不詳)

saxorum・・・・・「岩」、「石」

hybridus・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

無茎タイプ

通常売られているのはほとんどがこのタイプで、ロゼット状です。

有茎タイプ

茎が伸びるタイプで、花が葉腋につきます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

寒さに弱いので、鉢植えでの栽培になります。

園芸店などでよく見かけますが、植えつけの時期としては3月中旬又は9月頃が適期です。植え付けの際、深植えにならないよう注意します。

鉢植えの用土

通気性がよく水はけのよい用土を使います。赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、川砂(軽石砂)を6:2:2程度に混ぜた用土などを使います。

ストレプトカーパスの花

置き場所

秋から春の間は、日当たりのよい室内で育てます。レースのカーテン越しの日が当たるところが最適です。

春と秋は雨の当たらない軒下などでも差し支えありません。長雨に当てると根腐れしてしまうことが往々に起きます。

植え替え

根詰まり気味になってきたら、一回り大きい鉢に植え替えます。時期は、3月中旬又は9月頃が適期です。

日常の管理

過湿を嫌いますので、葉が少ししおれる程度になって水やりをした方が安全です。また、葉に水がかからないようにします。

有茎種は、株が徒長して草姿が乱れたら、寒さが来る前に切り詰めておきます。

花がらは、早めに取っておきます。結実させると株が弱ります。

夏の管理

強い日射しが当たると葉焼けを起こしますので、夏は涼しい日陰に置くか、寒冷紗などで遮光します。

冬の管理

耐寒性がないので、外に置いてある株も寒くなって来たら室内に取り込みます。6〜7度あれば冬を越します。

冬の間は、水やりは控えめにします。

ストレプトカーパスの花

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。6月ごろに本葉を3〜4枚以上付けた挿し芽をつくり、バーミキュライトなどに挿しておきます。また、葉挿しで増やすこともできます。

肥料

春と夏の生育期間中は、月に2〜3回程度液肥を与えます。

病気・害虫

ハダニが付くことがあります。ただし、花に薬剤を散布すると傷みますので注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。