スイートアリッサム Lobularia maritima

スイートアリッサムの花
写真 スイートアリッサム
撮影時期 2011.4.17
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

アブラナ科
ロブラリア属

園芸分類

秋播き一年草

別名

アリッサム

原産地

地中海沿岸

用途

庭植え、鉢植え

花期

2月〜5月

【スイートアリッサムについて】

スイートアリッサムは、地中海沿岸地方が原産の秋播き一年草です。強い香りではありませんが、その名のとおり、よい香りがします。

花は小さいですが、株を覆うほど非常に密に咲いてくれます。また、花期がたいへん長いこともあって、花壇やプランターなどいろいろな場所に植えられています。

プリムラ・オブコニカプリムラ・ジュリアンの派手な花と、白のアリッサムを組み合わせて植えている人もいます。

栽培したところでは、比較的早くタネをまいて、冬が来るまでに大きくなった株は、春によく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

スイートアリッサムの花

草丈

小さな花を株一杯に咲かせます。草丈は10〜15p程度と低く、カーペット状に横に広がっていきますので、花壇は勿論、鉢やプランターなどで栽培するのにも適しています。

花は4弁の小花で、1輪の径はごく小さいですが、写真のように株を覆うように咲きますので、大変きれいで、春花壇にはなくてはならない花です。

花色は、白花をよく見かけますが、桃、赤紫などもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強いですが、秋播きにした場合、小さい苗を花壇に植え付けると寒さで傷むので、厳寒期は、霜除けをするとよい結果が得られます。

学名の説明

Lobularia・・・・・ギリシャ語の lobulus (小さいさや)が語源です。

maritima・・・・・「海辺の」、「海岸の」

【主な種類と品種】

シュガーコートシリーズ

サカタのタネから白、桃、紫など各色が出ています。

スノードリフト

純白の花です。

イースターボネットパステルミックス

ソフトカラーの混合種です。

なお、アリッサム・サクサタイルは、近縁種でマケドニア原産の多年草です。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合は、寒冷地を除き、通常、9月中旬〜10月上旬に箱播きし、タネが隠れる2mmほど軽く覆土します。

発芽後、本葉が2〜3のころにポットに移植して、苗を育てます。冬が来るまでにしっかりとした株にすることが大切ですので、遅まきは避けるようにします。

植え付け

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

本葉が5〜6枚になったら定植します。直根性なので、定植時に根を傷めないよう注意します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、化成肥料と一緒に庭土とをよく混ぜてから植え付けます。花色を使い分けると、きれいな模様を描くことができますので、少し広い面積に植えることのできる人は試してみるのもよいと思います。

スイートアリッサムの花

鉢やプランターの用土は、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

園芸店には、早い時期から、記憶では11月頃から花付きの苗が出回っていますので、プランターや鉢に植えるときは、これを買ってきて植え付ければ、早くから楽しめます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

株間

横に広がっていきますので、花壇に植える場合は、20〜25p程度とします。

丸い大きなプランターに3株植えるだけで、大きな株のようになってけっこう見栄えがします。60cmのプランターの場合は、3〜4株ほど植え付けます。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合、あまり過湿にならないように管理します。

夏の暑さに弱いため一年草として扱われますが、本来は宿根草ですので、夏越しできるところは、花後に軽く刈り込めば、秋にも花が楽しめます。

スイートアリッサムの花

冬の管理

耐寒性が弱いので、花壇に植えた場合は不織布をべた掛けするなど霜除けをしたほうが安心です。

鉢やプランターは、霜の当たらない軒下などに置いて育てます。

肥料

花壇に植えた場合は、植え込み時に、化成肥料を1u当たり50gほど入れて庭土とよく混ぜておきます。

鉢やプランターの場合は、植えつけ時に緩効性肥料を与え、暖かくなったら液肥を月2〜3回与えます。

病気・害虫

アブラムシに注意するぐらいで、そのほかには特に被害を与える病害虫はありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。