シラサギカヤツリ Rhynchospora colorata

シラサギカヤツリの花
写真 シラサギカヤツリ
撮影時期 2010.6.19
栽培状況 鉢植え
科名・属名

カヤツリグサ科
ディクロメナ属

園芸分類

宿根草

別名

シラサギスゲ、
スターグラス

原産地

北アメリカ

用途

鉢植え、庭植え

花期

7〜10月

【シラサギカヤツリについて】

シラサギカヤツリは、涼しげな白い花が好まれるようで、夏が近づいてくるとよく目にします。ただし、白い花のように見えるのは、花ではなく苞です。

耐暑性が強く、丈夫な植物ですが、湿地帯の植物ですので、水切れに注意します。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜50pほどになります。株はそれほど大きくなりませんので、鉢植えで楽しめます。

根から出てきた葉がそのまま花になります。花自体は目立ちませんが、白い苞を楽しみます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性が強く、耐寒性もマイナス2度程度まで大丈夫で、冬は葉が枯れますが暖地では戸外で冬を越せます。

【主な種類と品種】

品種名のついたものは特にありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

初夏になると花の咲いた株が売られていますので、これを買って育てます。

植え場所・置き場所

日当たりを好みますので、よく日の当たるところに置きます。ただし、半日程度日が当たれば、問題はありません。

日常の管理

1年を通じて水切れを起こさないように育てることが肝要です。そのため、鉢植えの場合は、腰水栽培にした方が安全です。株分けは、春に行います。

肥料

生育が始まる春先に緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。