ジャカランダ Jacaranda mimosifolia

ジャカランダの花
写真 ジャカランダ
撮影時期 2014.5.30
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ノウゼンカズラ科
ジャカランダ属

園芸分類

落葉高木

別名

キリモドキ

原産地

アルゼンチン、ブラジル

用途

庭植え(暖地のみ)
鉢植え

花期

5〜6月

【ジャカランダについて】

ジャカランダは、「世界三大花木」のひとつにされていますが、藤色の花はとても美しいものです。大きなジャカランダの木が満開になったところはすばらしいと想像されますが、残念ながら耐寒性が弱く、庭植えできるところは霜が降りることのない暖地に限られます。

南国といわれる高知でも霜が降りることは珍しくないので、あきらめていたところ、最近、矮性のジャカランダが出回るようになり、やっと花を見ることができました。

とても値段が高かったですが、栽培したところでは、よく育って毎年花が咲いていますので、その価値はありました。矮性なので開花までの年数も早いです。

耐寒性は極端には弱くなく、霜の当たらない軒下に置いたところ、葉は落ちてしまいましたが春になったら一斉に芽を吹きました。葉もなかなか美しいものです。

暖地の場合、木がある程度大きくなれば、株元と幹を防寒することで庭植えでも栽培可能とされていますが、まだチャレンジしたことはありません。

【花の特徴と性質】

ジャカランダの花

樹高

10mを超えますが、矮性のものは1m以下でも花が楽しめます。

藤色の花で、ひとつの花房にたくさんの花を付けます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱いことが残念です。

ただし、冬場、軒下に置くおいてあったところ冬を越すことができました。

学名の説明

Jacaranda・・・・・ポルトガル語の jacarandá(固い核)が語源です。

mimosifolia・・・・・「オジギソウのような葉の」

【主な種類と品種】

園芸店などに出回っている品種は、ジャカランダ・ミモシフォリア(Jacaranda. mimosifolia)です。管理する上では、当然矮性の木がいいわけですが、かなり割高になります。

【育て方と栽培のポイント】

以下では、矮性品種の栽培について、記載しています。

植え付け

ジャカランダは、園芸店などでもよく見かけるようになってきました。ただし、矮性種は、園芸店で見かけることはなく、種苗会社のカタログなどを通じて入手することになります。

耐寒性が弱いので、庭植えできるのは関東以西の太平洋岸の無霜地域でないと厳しいと思われます。矮性種であれば、大きめの鉢で栽培できます。植えつけは、春に行います。

鉢植えの用土

用土は、用土は水はけのよいものを使います。赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものに植えていますが、よく育っています。

置き場所

日当たりのよい場所に置きます。

植え替え

植え替えは、2〜3年に1回、花後に行います。古い用土を三分の一ほど落として、一回り大きい鉢に植え替えます。鉢が大きくなって、同じ大きさの鉢を使う場合は、古い用土をもう少し落として植え替えます。

鉢が大きくなってくると、軽いプラ系のものが取り扱いしやすいです。移動のことを考えると、鉢を大きくしていっても10〜12号鉢が限界かと思います。今は10号を使っていますが、鉢の大きさについていえば、これでも特に問題はありません。

ジャカランダの花

日常の管理

水やりは過湿にならないようにします。

剪定

矮性品種は、枝がさほど伸びませんので、剪定はほとんど不要です。

伸びすぎた枝があれば、軽く切り戻しておきます。

冬の管理

冬は、暖地の場合は、暖冬の年は霜の当たらない軒下でもかまいませんが、室内に入れたほうが安全です。

葉が落ちて生育が止まりますので、水やりは控えめにします。

開花させるには、冬に落葉させたほうがよいと言われていますが、軒下などに置いておくと自然に落葉します。写真はそのようにして開花したものです。

肥料

鉢植えの場合は、生育期間中に月1回程度置肥をします。

病気・害虫

カイガラムシがつきやすいので、見つけたらブラシでこすり落とします。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。