シオン(紫苑) Aster tataricus

シオンの花
写真 ダルマシオン
撮影時期 2015.9.8
栽培状況 庭植え
科名・属名

キク科
シオン属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

オニノシコグサ

原産地

日本、朝鮮半島、中国北部

用途

庭植え

花期

9〜10月

【シオンについて】

シオンは、宿根アスターと呼ばれる仲間のひとつで、秋に花茎をまっすぐに伸ばし、淡紫の花が咲きます。この花が目につくようになると秋の気配が感じられるようになります。

派手さはありませんが、田舎の風景に溶け込んだような花で、なんとなく愛着があります。

丈夫な宿根草ですが、野生のシオンは減少していて環境省レッドデータでは絶滅危惧U類になっているようです。種苗会社のカタログなどを見るとダルマシオンがよく販売されています。

栽培したところでは、ダルマシオンの苗を購入して植えていますが、摘芯をしないと2m近くになりました。

【花の特徴と性質】

ダルマシオンの花

草丈

高さ1.5〜2mと高くなりますが、花茎が太く丈夫なので、クジャクアスターのように倒れることはありません。

花径約3cmほどの淡紫の花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く、丈夫で育てやすい宿根草です。

学名の説明

Aster・・・・・ラテン語の astrum(星)が語源です。

tataricus・・・・・「タタールの」

【主な種類と品種】

ダルマシオン

在来種よりも少し草丈が低めで、秋に薄紫色の一重の花が咲きます。

アメリカシオン
A. alpinus

高さ60p〜2mと大型になります。ネバリノギクとも呼ばれ8〜10月にかけて、直径約4cmとやや大きな赤紫色の花をつけます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけの適期は3〜4月と10月ごろです。株が大きくなりますので庭植えに向いていますが、大きい鉢を使えば育てられないこともありません。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

シオンの花

植え場所・置き場所

日当たりのよい、やや湿り気のあるところを好みます。

草丈が高くなりますので、花壇に植える場合は後方に植えつけます。

日当たりが悪いと茎が間延びして弱々しくなり花つきも悪くなります。

植え替え

花壇に植えた場合は、植えっぱなしでかまいませんが、3〜4年ほどたつと株が混みあってきますので、株分けを兼ねて植え替えます。

株分けする際は、2〜3芽ぐらいに分けて植えつけます。

鉢植えの場合は、根詰まりしないよう毎年、植え替えをします。鉢から抜いて、2〜3芽ずつ植えつけます。

日常の管理

草丈が40〜50cmになったら、摘芯をしてやります。摘芯をしないと、草丈が高くなりすぎてしまいます。

冬の管理

冬は地上部が枯れますので、枯れてきたら株元から5cmほど残して切り取ります。耐寒性が強いので、冬は霜除けなしで冬を越します。

肥料

庭植の場合は、肥料はほとんど必要ありません。

鉢やプランターの場合は、植え付け、植え替え時に緩効性の化成肥料を施します。後は、6月ごろに追肥をします。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。